ホラーが苦手な山崎育三郎が『ほん怖』初主演!「いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思います」

山崎育三郎が、「苦手」だというホラー作品に挑戦する。『ほんとにあった怖い話 2021特別編』(10月23日放送/フジテレビ)に初出演で初主演。

ホラーが苦手な山崎育三郎が『ほん怖』初主演!「いつもイメージ...の画像はこちら >>

山崎が出演するのは、ドラマパートの一つ「事故物件A」。山崎は、“事故物件”に住んでしまうサラリーマン・野々村陽介(ののむら・ようすけ)を演じる。

急な転勤を命じられ、あまり深く考えず、安価で空いていたマンションに引っ越した陽介。妹の良美(堀田真由)と一緒に部屋の片付けをしていたとき、良美は机の上に置いてあった“物件案内”をふと目にしてしまう。

ホラーが苦手な山崎育三郎が『ほん怖』初主演!「いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思います」
『ほんとにあった怖い話 2021特別編』の(左から)山崎育三郎、堀田真由

すると、そこには“心理的瑕疵(しんりてきかし)あり”と書かれた文字が…。出社初日、慣れない仕事で疲れて帰ってきた陽介は、家に帰るとなぜか冷蔵庫の扉が開いていて、満タンだった麦茶のボトルが半分に減っていることに気づく。

その後も、何度棚に戻しても落ちる時計、そこには壁から押し出されたかのような、この世ならざる人の顔のようなものが見え…。

さらには、苦しくて眠れない夜に目を覚ますと、着物姿の女がおなかの上にたたずんでいたりと、次々に部屋の中で奇妙なことが起きる。心配した良美は、陽介におはらいや浄霊を勧めるが、「今は仕事に慣れることが大事」と言い張って、あまり真に受けていない様子。

しかしその夜、ついに女の霊が現れ…。恐怖におののく陽介は、霊能力を持つという雑貨屋の女店主(山村紅葉)の力を借りて、浄霊をしてもらうが、「その場しのぎに過ぎない。今すぐにでも引っ越さないと、最悪命を落とすことになる」と言われる。


この記事の画像

「ホラーが苦手な山崎育三郎が『ほん怖』初主演!「いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思います」」の画像1 「ホラーが苦手な山崎育三郎が『ほん怖』初主演!「いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思います」」の画像2 「ホラーが苦手な山崎育三郎が『ほん怖』初主演!「いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思います」」の画像3 「ホラーが苦手な山崎育三郎が『ほん怖』初主演!「いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思います」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

山崎育三郎のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「山崎育三郎」に関する記事

「山崎育三郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山崎育三郎」の記事

次に読みたい「山崎育三郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク