横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」
拡大する(全9枚)

広瀬すずさんと松坂桃李さんがW主演を務める映画「流浪の月」の完成披露試写会が4月13日に行われ、広瀬さん、松坂さん、横浜流星さん、多部未華子さん、李相日(リ・サンイル)監督が登壇しました。

この作品は、「2020年本屋大賞」を受賞した凪良ゆうさんによる同名小説が原作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない・さらさ)を広瀬さんが、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき・ふみ)を松坂さんが演じます。

横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」の画像はこちら >>

多部未華子、横浜&広瀬の“ひざ枕”に「もうちょっといろいろとしたかった」

李監督の6年ぶりの作品となった本作。前作の映画「怒り」には広瀬さんが出演しています。

李監督は本作について「(原作は)美しい物語でした。僕たちが直面している、社会の問題が鋭い視線で描かれています。なにより、『広瀬すずの代表作を撮らねば』と思っていました」と明かし、広瀬さんは嬉しそうな様子。

横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」

そんな広瀬さんは李監督について、「前作ではあの演技が限界でした。全部を出し切ったんです。『映画作りとは、演じるとは、こういうものなんだ』というのを、初めて知ったような現場でした」と振り返りました。

そして、「今回は6年が経ち、いろいろなことを経験して臨んだのですが、監督とお会いした時に、『どうしたらいいか、わからないです』という相談をすぐにしてしまいました…。そうしたら監督に『それじゃこの映画はダメだね』と返されました。それで『そうですよね、頑張ります』って言いました」と明かしました。

松坂さんは本作について、「『監督と一度会ってから』というところからスタートして、そこから正式なオファーをいただきました。演じた文という役は、僕史上一番難しくて…。掘っても掘っても答えが見つからない。霧の中を彷徨っているような感覚でしたが、李監督も一緒に彷徨ってくれました」と。

続けて、「李監督は、一緒に役になってくれるというか、終盤のシーンの撮影で、『俺も一回ホテルに帰って、(演技を)やってみたよ』とおっしゃってくれて。寄り添うというよりも、同じ熱量で挑んでくれたというのが、今まで味わったことがなく、すごく救われました」と感謝しました。

事件から15年経った更紗の恋人・亮を演じた横浜さんは、「チャレンジしかなかったです。『自分の中で大きな壁が立ちはだかった』という感じでした。自分の中には亮という要素がないと、その時は思っていたので。だからこそ、見つけようともがいて、李監督とすずちゃんに引き出してもらった感覚です」とコメント。

横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」

役柄と横浜さん自身の違いについて、「自分を見失うことがあまりなかったり、一番は“甘え”の部分です。十数年間、空手をやってきて、『人に弱みを見せるな』、『男はこうであるべきだ』と叩き込まれてきたので、“甘え”とはなんなんだろう。李監督から『まずは(広瀬さんと)距離感を感じるから、ひざ枕をしてもらえ』と言われ、してもらったんですけど、『これだと、重いかな…』と思い、ちょっと頭をあげながら。でも、2人で過ごす時間をいただけたので、距離感も近くなっていけたし、“甘え”というのはこういうことなのかと」と説明しました。

「気持ちよかった?」と質問されると、横浜さんは「はい。亮を通して感じることが出来たので、一つの収穫です」と返しました。

横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」

これに対し、広瀬さんは「ひざ枕を30分くらいリハ室で二人きりで。その時は、(横浜さんと)会ってまだ3日にくらいで。お互いが極度の人見知りで、『ひざに全体重を乗せてくれるのかな?』と思ったら1割くらいしか乗っていなくて、ずっと敬語で話していてカオスでした。そこで、敬語もやめて、家族の話などをして一気に肉体的に接近することで、距離感や心の開き方が変わりました」と振り返りました。

文に寄り添う看護師・谷あゆみ役の多部さんは、「お芝居することが久しぶりだったので、『緊張します』と話したら、『僕も6年ぶりなので一緒です』と言われ、同じ気持ちにしようとしてくれたひと言が、嬉しかったです」とニッコリ。

横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」

松坂さんが「(多部さんと自分との間には)ひざ枕がなかった」と苦情を言うと、多部さんは「現場で手をつないでみようとか、抱きついてみようぐらいでした。もうちょっといろいろとしたかった…。寂しいです(笑)」と話すと、会場から笑いが起こりました。

横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」

作品概要

雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗(広瀬すず)に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文(松坂桃李)。

引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。

それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。

しかし、更紗のそばには婚約者の亮(横浜流星)がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷(多部未華子)が寄り添っていて…。

映画「流浪の月」は、5月13日(金)より、全国ロードショー。
©2022「流浪の月」製作委員会
配給:ギャガ

この記事の画像

「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像1 「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像2 「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像3 「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像4
「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像5 「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像6 「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像7 「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像8
「横浜流星、広瀬すずのひざ枕で“甘え”を理解「収穫です」」の画像9