“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー

初めて描いた漫画「大家さんと僕」(新潮社)で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した芸人・マンガ家の矢部太郎が、2年ぶりの新作「ぼくのお父さん」(新潮社)を刊行。

発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催し、気心の知れた芸人仲間ならではのトークを繰り広げた。

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん...の画像はこちら >>

最初に、対談を千原ジュニアにオファーした理由を訊かれ、「この漫画はジュニアさんのおかげで描けたんです。理由はあとで…」と含みを持たせた矢部。

作品を読んだ千原は、「すごいところにいきはった。こんなに少ない線で深い奥行きと温度を感じさせ、ハートをつかむ絵はホンマに素晴らしい。ネギ1本焼いただけやのに、めちゃくちゃうまい!みたいな。引き算の極致!」と大絶賛。

矢部太郎「ぼくのお父さん」より

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎の著書「ぼくのお父さん」のサンプルページ

過去にお笑いの仕事で数多の共演がありながら、「(千原に)一度もこんなことを言っていただいたことはない…」と恐縮する矢部は、「大家さんと僕」の雑誌連載時も、千原が線のタッチの豊かさをほめてくれたことが、大きな励みになったと話した。

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎が著書「ぼくのお父さん」発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催。

20年来の付き合いで、長年、矢部を見てきた千原が、「芸人が大勢いる中にポツンと立った矢部太郎が、しゃべらないのに目立つ理由が、この本を読んでわかりました。それは、ご両親から受け継いだ“品”なんやな」と話し、鋭い観察眼を感じさせる場面も。

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎が著書「ぼくのお父さん」発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催。

「素朴な世界観の中でも、8コマでちゃんとオチをつけるテクニックは、カラテカでネタをつくってきたからこそできること」との指摘には、矢部も深く頷いていた。

矢部と千原は3歳違いで、千原も同時期に少年時代を過ごした。もしも「ぼくのお父さん」の世界に千原兄弟がいたら!?

そんな発想から、矢部がこの日のために描きおろしたイラスト「ぼくのお兄さん」を披露。

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎が著書「ぼくのお父さん」発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催。

千原せいじそっくりのガキ大将っぽい少年と、そのうしろにそっと隠れるように立つ人見知りの小柄な少年(ジュニア)が柔らかなタッチで描かれた絵を見ると、千原は「うわぁ~、すごいね!これはうちのオカンが見たら(うれしくて)泣くんちゃうかな」といたく感激。

続いて矢部が、今回、家族の話を描くにあたり、家族への愛情を再確認できたのは、千原のおかげでもある理由を次のように明かした。

「ジュニアさんがせいじさんのことを話すとき、面白おかしく話しながらもすごくうれしそうで、『お兄ちゃんが好き!』という気持ちがいつも伝わってきたので。その距離感や、家族への気持ちが一番大事なんじゃないかと思って、(『ぼくのお父さん』も)愛を込めて描きました。だから、それに気づかせてくれたジュニアさんが、これを描かせてくれたようなものなんです」

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎が著書「ぼくのお父さん」発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催。

それを聞いた千原はすかさず、「あー…それはちょっと誤解されてるね~。(せいじの話をうれしそうにするのは)これウケるぞーっていううれしさが先に出てしまってるだけ(笑)」と照れ隠ししつつ、「愛しかない。『大家さんと僕』も、今回の『ぼくのお父さん』も」と、改めて太鼓判を押していた。

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎が著書「ぼくのお父さん」発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催。

その後矢部が、「大家さんと僕」を書籍化した際、書店に配布する見本に、「ジュニアさんがほめてくれました」という文言を勝手に使っていたことを告白すると…。

千原は、「それで(作品が)すごい賞を獲った。又吉(直樹)の『火花』も、『帯(の推薦文を)書いてくれー』と頼まれて書いたら、直木賞を獲った。俺、やたら“帯あげちん”みたいになって、帯の依頼ばっかり、むちゃくちゃくんねん!」と最近の状況を面白おかしく説明。

矢部が改めて、「“帯あげちん”として、(『ぼくのお父さん』に)公式にコメントをお願いできないでしょうか」とオファーすると、「俺でよければもちろん!」と快諾。

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎が著書「ぼくのお父さん」発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催。

そして、「次は『お嫁さんと僕』を描いて、『ぼくのぼく(息子)』を描いて、最後の最後に『僕と入江くん』を描いて!」と熱烈オファー。

実は20数年前、千原がバイク事故で「死にかけた」あとのリハビリ中、車で病院に送り迎えをしてくれたのが、カラテカの入江慎也だったという。

「そのおかげで俺は今、こうして歩けてる。(カラテカの)2人にはホントにお世話になってる」

千原がそう言うと、矢部は嫁と息子に関しては苦笑いでかわしつつ、「『僕と入江くん』には、そのエピソードも描かせていただきます!」とすっかりその気に。

新刊について語る本筋は押さえつつ、聴衆を楽しませずにはおかない2人の公開対談は、ちょっぴりじんとさせて笑わせる、鮮やかなコントのようでもあった。

“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー
矢部太郎が著書「ぼくのお父さん」発売を記念して、先輩芸人の千原ジュニアと一夜限りの公開対談を開催。

取材・文/浜野雪江

<動画はこちら!>

この記事の画像

「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像1 「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像2 「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像3 「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像4
「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像5 「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像6 「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像7 「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像8
「“帯あげちん”の千原ジュニア、矢部太郎に「次は『僕と入江くん』を描いて」と熱烈オファー」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

千原ジュニアのプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「千原ジュニア」に関する記事

「千原ジュニア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「千原ジュニア」の記事

次に読みたい「千原ジュニア」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク