間宮祥太朗さん主演、新水10ドラマ『ナンバMG5』第2話に、米本学仁さんが出演します。

<米本学仁さんが出演した『ボクらの時代』の記事>

米本さんが演じるのは、伍代が通う、不良が多いことで有名な市松高校の2年生・最上(もがみ)。

市松高校を実質とりまとめる、最強かつ最凶の2年生で、ケンカをするときはメリケンサックをはめ、相手を徹底的にボコボコにすることで知られています。

“特攻服を着た正体不明のヤンキー”の噂を聞き、その正体を割り出そうと躍起になっており、「有力な情報には10万円の賞金を出す」と宣言。

それが剛(間宮)であることを知らない深雪(森川葵)は、あることでお金がどうしても必要だったため、なんとか“特攻服の男”の最新情報を集めようとします。

そして、ついに“特攻服の男”の居場所をつかんだ深雪は、恐る恐る最上のグループに接触することに。しかし、そこにはワナが――。

43歳の米本が、高校2年生役に挑戦

米本さんは、身長180センチ、体重180キロという迫力ボディかつ圧倒的な演技力が魅力の、ハリウッド“逆輸入”俳優。

もともと俳優を目指していたわけではなく、映画のプロデューサーになりたくて、2007年に渡米。現地のカレッジで出会った、なかやまきんに君とラーメンを食べていたところ、スカウトされ、キアヌ・リーブス主演の映画「47RONIN」(2013年)で俳優デビューします。

以降、アメリカを拠点に俳優として活躍し、ドラマ『全裸監督』(2019年)、映画「総理の夫」(2021年)など国内の作品にも出演。今年は、『鎌倉殿の13人』(NHK)で、伊豆武士を熱演し話題に。