内田理央 レンの母親役で登場!疑似家族に崩壊の危機!?「かき回します。どうなってしまうのか…」

内田理央 レンの母親役で登場!疑似家族に崩壊の危機!?「かき回します。どうなってしまうのか…」
拡大する(全2枚)
『レンアイ漫画家』の内田理央

5月20日(木)22時より、フジテレビで放送される『レンアイ漫画家』第7話に、内田理央の出演が決定。内田が木曜劇場に出演するのは、今回が初となる。

『レンアイ漫画家』は、鈴木亮平演じる漫画一筋で恋愛が苦手な天才少女漫画家・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)と吉岡里帆演じる夢なし、彼なし、仕事なしの崖っぷち女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)が織りなす、ピュアな不器用ラブコメディ。

顔出しNGの天才漫画家・刈部まりあこと、刈部清一郎は、大ヒット恋愛マンガ「銀河天使」の設定を令和の日本に移したものの、引きこもり故に令和のリアルな恋愛が描けず、困窮していた。

偶然出会った久遠あいこに、報酬を払うから漫画のネタのために疑似恋愛をして取材してほしいと依頼。あいこはエリートサラリーマンや、年下教師、独身貴族との交流を清一郎に報告することに…。次々と常軌を逸した恋愛ミッションを繰り出す清一郎と、ことあるごとにぶつかり合うあいこ。

一方、まともな幸せは作家をダメにすると思い込み、孤独な引きこもり生活を送っていた清一郎だったが、亡くなった弟の忘れ形見のレン(岩田琉聖)を引き取ることになり、また、あいこと丁々発止を繰り広げるうちに、少しずつその生活に変化が訪れていく。孤独な三人が寄り集まり、チグハグな疑似家族のような関係を築いていたが、ある日、そこにレンの母と名乗る女性が現れて…。

内田が演じるのは、清一郎の弟・刈部純(白石隼也)の別れた妻で、レンの母・秋山美波(あきやま・みなみ)。


この記事の画像

「内田理央 レンの母親役で登場!疑似家族に崩壊の危機!?「かき回します。どうなってしまうのか…」」の画像1 「内田理央 レンの母親役で登場!疑似家族に崩壊の危機!?「かき回します。どうなってしまうのか…」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

内田理央のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「内田理央」に関する記事

「内田理央」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「内田理央」の記事

次に読みたい「内田理央」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク