同期芸人・ヒコロヒーとAマッソ加納が「芸人大文筆家時代」の到来について熱弁

芸人・ヒコロヒーとAマッソ加納が、11月21日(日)に開催された『久保みねヒャダこじらせナイト』の恒例イベント「久保みねヒャダこじらせオンラインライブ#18」にゲスト出演し、番組MCの久保ミツロウ、能町みね子、ヒャダインと「芸能界について感じていること」に関して赤裸々なトークを繰り広げた。

※『久保みねヒャダこじらせナイト』はフジテレビ系でほぼ月イチ不定期で放送、FODにて配信中。

<「こじらせオンラインライブ」関連記事はこちら>

冒頭のトークでは、MC陣との意外な繋がりの話題で盛り上がる。ヒャダインが、加納の相方・村上と加納の母と同じ幼稚園出身だったと明かすと、能町もヒコロヒーとの“間接的”な出会いについて語る。お笑い好きな能町は、ヒコロヒーが事務所の先輩・みなみかわと組んだコンビ「ヒコロヒーとみなみかわ」で『M-1グランプリ』の予選に出場した際に披露した「ヴィ―ガン漫才」を見ていたことを告げて、そのセンスを絶賛した。

久保は、ヒコロヒーについて「テレビで見るたびに、いい女だな~と思っていた」と、自分の中の「昭和の男性」的な人格が沸き立ってしまうそうで、「失礼なことを言わないように気をつける」と自制していた。それでも、ヒコロヒー本人を目の前にしながら、本音が飛び出してしまう久保のトークにも注目だ。

昨年、初のエッセイ「イルカも泳ぐわい。」(加納愛子/筑摩書房)を上梓した加納。能町は「加納さんの文才に嫉妬している」と褒めたたえ、エッセイを書く難しさを説きながら「何も書くことが思いつかないときの文章がうまい」と、加納のエッセイの才能を称賛する。エッセイの上手さに定評のあるハライチ岩井勇気の文章を例に出し、能町が加納の文章について分析をしていく。

加納も、「エッセイは本当に書くことないですよね」と能町に同意をしつつ、今は「芸人大文筆家時代」が到来していて、「芸人が数人で一緒にいるときに起こったエピソードは取り合いになる」と、ヒコロヒーと実例を出しながらリアルな現状を吐露していた。

千葉雄大と仲の良いヒャダインにけん制?「こっちが先に手をつけていた」(久保ミツロウ・能町みね子)

久保が“インスタマンガ・エッセイマンガあるある“について、漫画家としての視点から持論を展開すると、そこから話題は「大阪のコントと東京のコントの違い」に。そしてヒコロヒーと加納が芸人デビューした際のエピソードについても語っていく。

ヒコロヒーと加納は、お互い大学生時代に同じ事務所で同期だった頃からの仲良し。当時、事務所から“第2のオセロ”として推されていた(?)頃の話、ヒコロヒーが学生時代にライブで「藤本美貴のものまね」を披露して事務所から声をかけられた話、学生をしながら芸人デビューした時代に出会った“トンデモ”な人たちについて、絶妙なかけあいで振り返っていく。

また、Aマッソが事務所を移籍した際のエピソードを披露すると、ヒコロヒーが「個人的な意見」として、芸人が所属する“事務所の問題”について、自身が所属する松竹芸能や「気になっている」事務所を例に出して鋭い意見を繰り出し、MC陣の爆笑を誘う。

「芸能界で売れそうになかった人が売れていった実例」について、加納から話を振られたMC陣は、今では番組の準レギュラーともいえる千葉雄大について「ここまで売れるとは思わなかった」と本音を明かす場面も。

千葉との出会いは、9年前に久保と能町がやっていた深夜ラジオに千葉がペンネームを用いてネタを投稿していた頃にさかのぼる。久保と能町は、千葉との歴史を振り返りながら、「私たちをすっ飛ばしてヒャダインさんと仲良くなった」と、いつの間にかヒャダインと仲良くなっていたことについて言及。「こっちが先に手をつけていた」と糾弾されたヒャダインの反応は…?

そして話題は「売れるとは思わなかった人」についても進んでいく。ヒコロヒーと加納は、“売れた芸人”としてのブレないスタンスを語り合い、「売れたらどうせ結果論」(ヒコロヒー)、「22、3歳で売れた人にはどうしても陰が出る」(加納)、「早く売れると傷つき方を知らない」(ヒャダイン)などの鋭い意見交換も行われた。

「おでんにいらない具材」で食べ物戦争が勃発!?

ここで、加納の新刊エッセイ「イルカも泳ぐわい。」の中から、加納の独特な感性を感じられて好きだとヒャダインが語る「時間の持つ“〇〇感”」(例:十五時の「今日のハイライトはここではない」感、四時の「誰もいらん時間」感、など)。これをテーマに、月や日にちをお題にして「〇〇感」を全員で考えて発表していく。大喜利とはひと味違う、それぞれのセンスが光る発表の結果は、感心と爆笑の連続だった。

恒例のリレーで4コマ漫画を作成する「こじらせリレー4コマ漫画」コーナーでは、今回は5コマに挑戦。能町がセレクトした漫画「美少女戦士セーラームーン」(武内直子/講談社)風に、本日は参加していない加納の相方・村上を主人公に、能町→加納→ヒコロヒー→ヒャダイン→久保の順で1コマずつ漫画を描いて発表していく。

セーラー戦士・村上を襲った危機に、久保はどのような壮大なオチをつけるのか?ヒコロヒーと加納も登場するラストでは、今回のイベントの伏線を見事に回収した見事なオチが披露される。

「好きな〇〇ベスト3」を発表しあうコーナーでは、久保のリクエストにより“好きな朝のみそ汁 ベスト3”をテーマに、それぞれが好きな具材をランキング形式で発表。久保が提案する「ネオ豚汁」とは?ヒャダインが行きついたストイックな回答に一同は驚き、そこからそれぞれのこだわりの具について食べ物トークはヒートアップしていく。

久保は5コマ漫画のラストを描きながらみそ汁トークに参戦、スタジオが大爆笑した斬新なスタイルで熱弁する久保にも注目だ。平和なみそ汁トークから一転、「おでんにいらない具材」を聞かれたヒコロヒーと加納が出した具材によって、「ゆずれない戦い」が勃発していく様子も見逃せない。

イベント後半では視聴者からと、MC陣からの質問にヒコロヒーと加納が答えていく。「M-1で男性芸人が活躍する理由」「2人の最終目標について」「尊敬する先輩・反面教師にしている先輩」などについて、本音で答えて笑いを誘った。

配信だからこそ語れるディープなトークの全容は「久保みねヒャダこじらせオンラインライブ#18」の追っかけ再生にて、11月28日(日)23時59分まで視聴可能。(※追っかけ再生は「PiaLiveStreaming」にて購入可能。詳しくはこちらへ)

イベント終了後、フジテレビュー!!はヒコロヒーと加納にインタビューし、配信の見どころについてアフタートークを敢行。お互いに「聞いてみたいこと」についても質問し合ってもらった。

【ヒコロヒー&Aマッソ加納のアフタートーク&お互いへの質問】

『久保みねヒャダこじらせナイト』はフジテレビ系でほぼ月イチ不定期で放送、FODにて配信中。放送日程等の詳細は番組オフィシャルサイトまで。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Aマッソ」に関する記事

「Aマッソ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Aマッソ」の記事

次に読みたい「Aマッソ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク