京王線と小田急線には、沿線ユーザーから長く愛され、新たに観光客からも注目を集めるグルメ&癒しスポットがありました。

5月24日(火)放送の『所JAPAN』(カンテレ・フジテレビ系)では、1日の乗客数がおよそ350万人と世界一の新宿駅を始発駅とする2大私鉄、京王線と小田急線を取り上げ、おすすめのグルメ&スポットを徹底比較。

スタジオには、所ジョージさん、佐々木希さん、ウエンツ瑛士さん、カズレーザーさん(メイプル超合金)、陣内智則さん、若槻千夏さんが登場しました。

京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポット...の画像はこちら >>

仕込み時間2日間!贅沢な手作り餃子がスンゴイ

京王線・幡ヶ谷駅から徒歩4分の場所にある、この町で40年続く中華料理店「您好(ニーハオ)」。

オープンして間もない時間に店を訪ねてみると、平日にもかかわらず、すでに予約で満席。賑わう店内の中には、沿線ユーザーのほか、県外からわざわざ足を運ぶお客さんの姿も。

このお店の名物は、“餃子の概念を覆す”と言われる餃子。「焼餃子」「揚餃子」「水餃子」の3種からあり、9個で1100円。

京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較
京王線・幡ヶ谷駅「您好(ニーハオ)」の人気メニュー「焼餃子」「揚餃子」「水餃子」

お高めな値段設定にもかかわらず、注文が止まないおいしさの秘密は、贅沢な作り方にありました。

「餃子は皮が命」という店主の野坂さん。生地は、毎日粉から手作り。

強力粉に少しだけ薄力粉を混ぜることで、口当たりが良くなるといいます。また、1日かけて何度も練り直すことで、モチモチの食感を生み出しています。

京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較
粉から手作りする餃子の生地

さらに、餃子の餡(あん)は挽き肉にせず、食感と肉汁を出すため国産の豚肩ロースをを大きめにカットして使用。


この記事の画像

「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像1 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像2 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像3 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像4
「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像5 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像6 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像7 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像8
「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像9 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像10 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像11 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像12
「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像13 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像14 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像15 「京王線VS小田急線!ミシュランガイド掲載グルメ&癒しスポットを比較」の画像16