浅田次郎&中井貴一が語った“壬生義士伝”の秘話「なんて綺麗な言葉なんだろう」
拡大する(全3枚)

5月21日(土)にフジテレビで放送された『タイプライターズ~物書きの世界~』。ゲストとして作家の浅田次郎さんと俳優の中井貴一さんが登場し、MCの加藤シゲアキさん(NEWS)・進行の宮司愛海アナとともにトークを繰り広げました。

ここでは、その一部を紹介します。

浅田次郎さん原作の映画「壬生義士伝」(2003年)。番組では、主人公・吉村貫一郎(中井貴一)の名シーンや、原作で描かれた名ゼリフを次々と振り返りました。

浅田次郎&中井貴一が語った“壬生義士伝”の秘話「なんて綺麗な...の画像はこちら >>

同作の制作秘話について、浅田さんはこう明かしました。

「この小説のテーマは、武士道ではないんですよ。貧乏道なんです。“貧すれば鈍する”という言葉がありますけど、もし貧すれば鈍しない人間がいたらどうか?を描いたのがこの小説なんです。

そういう目線で見るとこの作品はぜんぶ矛盾せず理解できる。吉村貫一郎がなぜ死ぬのを承知で突撃したかというと、それは貧乏人をまっとうしたから」

さらに、作中でも特徴的な東北の方言について「盛岡に行ったとき、なんて綺麗な言葉なんだろうなと思った。フランス語みたい。それが方言のセリフを書いてみようと思ったきっかけ」という浅田さん。

しかし、このセリフを書くのが「いちばんの難関だった」といい、実際に現地の喫茶店・理髪店・銭湯に行って方言の使われ方を取材したといいます。

浅田次郎&中井貴一が語った“壬生義士伝”の秘話「なんて綺麗な言葉なんだろう」

一方、同作の主人公・吉村寛一郎を演じた中井さんはこう語りました。

「方言があったからキャラクターを作りやすかった。もし東京弁で言ったらいやらしさが表に立つのに、あの方言を使うことによって柔らかくなって、『壬生義士伝』が成り立ったと思っています。


この記事の画像

「浅田次郎&中井貴一が語った“壬生義士伝”の秘話「なんて綺麗な言葉なんだろう」」の画像1 「浅田次郎&中井貴一が語った“壬生義士伝”の秘話「なんて綺麗な言葉なんだろう」」の画像2 「浅田次郎&中井貴一が語った“壬生義士伝”の秘話「なんて綺麗な言葉なんだろう」」の画像3