鈴北雅之がゲストにダメ出し/一発撮りなるか!?夏菜、同級生・玉森からの結婚祝いコメントに「嘘っぽい!」

「キスマイってブサイクじゃない?」というネット上での陰口を発端に、Kis-My-Ft2メンバーが「誰もが認める真のカッコイイ男になってやろうじゃないか!」と一念発起して“脱ブサイク”を目指すフジテレビの『キスマイ超BUSAIKU!?』。

3月11日(木)の放送は、コント「令和のブサイクな恋」で鈴北雅之があのアーティストとコラボ!「超BUSAIKU!?ランキング」では、キスマイメンバーのユーモアとアドリブ力が明らかになった。

鈴北雅之が「命をかけて」あの名曲を一発撮り!?

「THE FIRST TAKE?」のマイク前に現れたのは、歌手の鈴木雅之に瓜二つの鈴北雅之(北山宏光)と、歌手の鈴木愛理にそっくりな鈴田愛理(田原可奈子)。「一発撮りって聞いて、みんな命かけてるっていうんで」(鈴北)、「命かけますか」(鈴田)と、本家さながらの掛け合い。

早速「♪DADDY!DADDY!DO!欲しいのさ あなたのすべてが~…燃えてしまいたい~」(「DADDY!DADDY!DO!feat.鈴木愛理」/鈴木雅之)と、手拍子で歌う2人だが、鈴北は「ちょっと止めて。ダメだ、全然ダメ。クラップ(手拍子)の音が、違うな」と止めてしまう。何度も手を叩いて「違いわかる?」と聞くが、大して音に変わりもなく、鈴田は首を傾げる。

「一発撮りですよね?」と尋ねる鈴田をスルーして、鈴北は「命かけてこう」とSECOND TAKEへ。しかし、前奏ですぐに音楽を止めて「違うよ君、クラップが全然違う、違う違う、そうじゃなぁ~い♪」と熱心な!?クラップ指導。戸惑う鈴田をよそに、THIRD TAKEに挑むが…鈴北は、早々にストップをかけて「今のクラップ、いい!」と鈴田を褒めた。終わりは、まだまだ遠そうだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

夏菜のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「夏菜」に関する記事

「夏菜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「夏菜」の記事

次に読みたい「夏菜」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク