生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」
拡大する(全6枚)

1月14日、「コンフィデンスマンJP 英雄編」の初日舞台挨拶が行われ、長澤まさみ東出昌大小日向文世小手伸也瀬戸康史城田優生田絵梨花江口洋介、田中亮監督が登壇した。

コンフィデンスマン=信用詐欺師らの活躍が描かれ人気の痛快エンターテインメントコメディ「コンフィデンスマンJP」シリーズ。その最新作『英雄編』は、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)が世界遺産の都市、マルタ島・ヴァレッタを舞台に、壮大なダマし合いを展開していく。

生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新し...の画像はこちら >>

連続ドラマの撮影が始まってから5年目に突入した今シリーズ。公開初日を迎えた感想を長澤は、「こんなに長く続くとは思っていなかったので、本当にありがたいです。ダー子の役がどんどん好きになっていったし、取り組む姿勢も貪欲になっていった気がします」と感謝。

生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」

ドラマ版から出演している小手は、「僕は『コンフィデンスマンJP』のドラマが初めてのレギュラーのお仕事で、そこから小手伸也の革命的な日々が始まっているので、感慨深いです」と語ると、田中監督が「自分で言う!?」とツッコミ。

小手は「この作品が起点となって、いじられ役になているんですよ。ここで、いじられるほど、他のドラマの現場でも『いじってもいいんだ~』という空気になって。今、撮影中の『ドクターホワイト』の現場でも遠巻きにいじられてるんですよ」と明かすと、長澤は「愛されキャラなんです。減るもんじゃないし!」とフォローし、会場から拍手が起きた。


この記事の画像

「生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」」の画像1 「生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」」の画像2 「生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」」の画像3 「生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」」の画像4
「生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」」の画像5 「生田絵梨花「コンフィデンスマンJP」での役のギャップに「新しい扉を開けちゃった」」の画像6