岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る

岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る
拡大する(全6枚)

プロテイン市場売り上げNo.1ブランド「ザバス」。俳優の岡田健史と元新体操日本代表でタレントの畠山愛理が出演する新テレビCM「ジムの中心でもったいないを叫ぶ」篇が4月8日(木)から全国でオンエアされる。

岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」...の画像はこちら >>

今回の新CMは、「キレイは、鍛えられる。」がコンセプト。運動していても、プロテインを飲んでいる女性がまだ少ないという“もったいない”事実を岡田と畠山がダイナミックかつ悲劇的な演技で表現している。

岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る

岡田は、白のポロシャツに黒パンツのトレーナー姿でスタジオ入り。さっそく畠山との共演シーンの撮影がスタート。ジャンプする畠山の着地点で待つ岡田は、自身の表情や顔の角度など、監督と細部の見え方まで打ち合わせ。

岡田より先に現場入りし、撮影を進めていた畠山は、一瞬の所作にも熱心なこだわりを見せる岡田を見て、「1人の時より跳べるようになった気がする!」と気分上々だったそう。

岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る

カメラの画角の下から登場する岡田のソロシーンの撮影では、テイクが重なるごとに「じゃん!」「ドドン!」「ババン!」など、掛け声のバリエーションをアドリブで追加し、何度も爽やかな笑顔でフレームイン。

また、運動する女性たちを見守る最後のシーンでは、壁からかわいらしくひょっこり覗くような遊び心も時折見せて、現場を和ませていたという。

岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る

<岡田健史 インタビュー>

──撮影を終えられた率直な感想をお聞かせください。

疲れました(笑)。ドラマや映画とは違った作品の作り方で、瞬発力や発想力、カメラワークが大事になってきます。こういう時間があるからこそ、映画とかドラマなどの作品にも生きてくることがいっぱいあるなと思いました。


この記事の画像

「岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る」の画像1 「岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る」の画像2 「岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る」の画像3 「岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る」の画像4
「岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る」の画像5 「岡田健史 「年をとっても輝いている、おじいちゃんになれたら」理想の年のとり方を語る」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

岡田健史のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「岡田健史」に関する記事

「岡田健史」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「岡田健史」の記事

次に読みたい「岡田健史」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク