4月3日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で開催された、吉本興業創業110周年特別公演「伝説の一日」。2日間に渡って行われたイベントの最終日千穐楽に出演した博多華丸・大吉千鳥大悟ノブ)、ギャロップ(林健・毛利大亮)の3組が、出演後に記者の囲み取材に応じました。

実は急遽、漫才での出番となったというギャロップ。「正直、緊張であんまり覚えていない」(林さん)、「僕もテンパッてました」(毛利さん)と2人とも緊張気味に語りますが、舞台ではしっかりと笑いを取り、急遽訪れた“ビッグチャンス”をしっかり掴んでいました。

続いて、出演の感想を聞かれたノブさんが、「お客さんが若い方が多く、元気があってやりやすかった。すごい方ばかり出るので“伝説の一日”だなと思いました」と振り返ると、大悟さんは「今もまだ伝説になれたのか考えている」と、漫才中でも「伝説になりたい」と言い続けていた様子を引っ張ります。

宮迫博之さんの名前をネタの中で出すなど、自由に楽しんでいたように見えた大悟さんが、「いい意味で途中から記憶ない」とこぼすと、ノブさんは「緊張しとるやないか!」とすかさずキレのいいツッコミを。

本日のイベントの口上も担当した博多華丸・大吉は、福岡吉本の一期生。記念すべき日に吉本の本拠地であるNGKの舞台に立ったことについて華丸さんは「感極まった」と明かします。そして、吉本興業札幌事務所出身のタカアンドトシの出番を見て、ジーンときたそうで「数日後にこの舞台に立てて良かったとジワジワくるのでは」と感慨深い表情を浮かべていました。


この記事の画像

「「千鳥、伝説になってたね」と言われたい!「伝説の一日」にかけた大悟の熱い思い」の画像1 「「千鳥、伝説になってたね」と言われたい!「伝説の一日」にかけた大悟の熱い思い」の画像2