今年も、『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』が放送されます。

昨年夏に誕生した、超大型生放送のバラエティ特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』。

「歌と笑いの融合」をテーマに、“アーティストのライブ”と“お笑い芸人のネタ”、さらに、アーティストと芸人のコラボやクロストークなどを次々と展開。

『FNS歌謡祭』『HEY!HEY!NEO!』などの大型音楽特番、そして『THE MANZAI』『ENGEIグランドスラム』といった、大型お笑い特番を手がけるフジテレビが、総力を挙げて送るスペシャルプログラムです。

今回は、『FNSラフ&ミュージック2022~歌と笑いの祭典~』(9月10日、11日放送/フジテレビ)として、昨年と同じく2夜連続、ゴールデンタイムで合計約9時間にわたる生放送を敢行。

MCは、“キャプテン”を務める松本人志さん、“サポーター”の中居正広さん、ナインティナイン岡村隆史さん、矢部浩之さん)、“アシスタントサポーター”の千鳥大悟ノブ)、アンタッチャブル山崎弘也さん、柴田英嗣さん)という、最強の布陣が再び集結します。

第1弾(2021年8月28日、29日放送)では、「直電!生ブッキング」のコーナーが大きな話題に。

第1夜の生放送中、MC陣が自身の電話を使って芸能界の友人に突然連絡を取り、「明日来てくれませんか?」と第2夜への出演を直接交渉。

ノブさんは本田翼さんに、岡村さんは山田孝之さんに、中居さんは笑福亭鶴瓶さんに、松本さんは内村光良さんに、それぞれ“直電”。