宮﨑あおい 44歳で余命宣告の“ダメ人間”と仲間たちの“終活”に涙「私もお友だちの一人になった気が…」

9月12日(日)14時からフジテレビでは『ザ・ノンフィクション「人生の終わりの過ごし方 ~ダメ人間マエダの終活~ 前編」』が放送され、語りを宮﨑あおいが担当する。

<上戸彩 病と闘いながら息子のために笑顔で生きる母に涙「私にはできない」>ほか、『ザ・ノンフィクション』の関連記事はこちら!

「最期まで楽しく…」体が悲鳴を上げても、酒もタバコも止めず、仲間たちと一緒にうまいものを食べる

自らを「ダメ人間」と呼ぶマエダさんは44歳のパチスロライター。

都心の裕福な家庭の一人息子として生まれ、幼稚園からエリート街道を歩むものの、同級生の中でただ一人、大学に進学せず、ギャンブルにのめり込み、トラック運転手やパチスロ店、豆腐店など職を転々としてきた。

20歳で最初の結婚をしたが今は“バツ2”で、元妻たちとの間には3人の子供がいるが会うことはない。現在は、母と二人で暮らしている。

宮﨑あおい 44歳で余命宣告の“ダメ人間”と仲間たちの“終活...の画像はこちら >>

30代半ばで、ようやく巡り会えた天職がパチスロライターの仕事。記事を書き、番組やDVDにも出演、“ゲス”なキャラクターとスーツ姿で、ファンに愛されてきた。

2020年2月。そんなマエダさんが余命宣告を受ける。過去に手術したがんが進行し、全身に転移。医師からは「余命は3ヵ月から半年」と言われた。マエダさんは友人たちに全てを語り、「最期まで楽しく死にたい」と、自らの“終活”に付き合ってもらうことに…。

宮﨑あおい 44歳で余命宣告の“ダメ人間”と仲間たちの“終活”に涙「私もお友だちの一人になった気が…」
『ザ・ノンフィクション』で取り上げられた自称“ダメ人間”のマエダさん

がんの進行が進み、治療や薬の副作用で体が悲鳴を上げても、酒もタバコも止めず、仲間たちと一緒にうまいものを食べる。仲間たちもそんなマエダさんを特別扱いすることはなく、“終活”に寄り添い続ける。

そして2020年6月、余命宣告の時期に差し掛かったころ、マエダさんは新型コロナに感染し入院してしまう。「自分が死ぬまで撮影してほしい」と語るマエダさんの“終活”をカメラは見つめ続けた。

宮﨑が語りを務めるのは、番組最多となる37回目。18歳で初めて担当して以来、さまざまな人生を読んできたが、今回は「今までとは違った」と話した。収録中、涙で言葉を詰まらせることもあった宮﨑は、どんなことを感じたのか。収録後に話を聞いた。

<宮﨑あおい インタビュー>

宮﨑あおい 44歳で余命宣告の“ダメ人間”と仲間たちの“終活”に涙「私もお友だちの一人になった気が…」
『ザ・ノンフィクション』でナレーションを担当した宮﨑あおい

――今回、ご自身37回目となる『ザ・ノンフィクション』での“語り”を終えていかがでしたか?

今までのナレーションとは違いました。これまでは、客観的に…でも心はそこに映っている方に寄り添うような気持ちで読んでいましたが、今回は、読んでいる途中で、自分がマエダさんのお友だちのひとりになったような気がして…。今まで味わったことのない感情の流れがある中で読んでいた感じがしました。

(9月19日放送の)後編の最後、マエダさんのSNSを読むところでは、背筋を伸ばして両手は膝の上に置いて“ピーン”としたような感覚にもなりました。

――「ダメ人間」を自称するマエダさんは、どんな人に映りましたか?

マエダさんの人生を知っているわけではないので、わからないことがたくさんありますが、周りに集まっている方たちが、いつも楽しそうで、うれしそうで。そんな人たちに囲まれているマエダさんは、幸せな人なんだろうと思いました。

沖縄まで行ったけれど、海に入れなくなってしまったときに、「水着の女性が見られない」とすごく悔しがっているのをみて、なんだかチャーミングだなって(笑)。

――友人たちは、余命宣告をされているマエダさんにも常に普通に接し、一緒に旅行をしたり、あちこちで食事をしたりと、楽しそうでした。

みんなが悪い意味ではなく中学生みたいで(笑)。男の人って、きっといくつになっても、こういうところが多少なりともあって、そこがすごく残っている人たちなのかな、と思いました。

ただ、自分の立場で考えたときに、友だちが余命宣告をされたのを、あんな風に笑いに変えながら付き合って行くというのは…。

お友だちのガル憎さんが、ご自身のマエダさんへの接し方が合っているかどうかわからない、というようなことをおっしゃっていて、本当にそうだろうと思いました。それは、もしかしたらずっと思い続けることかもしれないですし、そうやって、お友だちみんなが特別なものをマエダさんと一緒に背負っているように感じました。

――最期の日までやりたいことをやり、食べたいものを食べる、というのがマエダさん流の“終活”ですが、どう感じましたか?

最期の日まで楽しく笑顔で過ごしたいし、おいしいものを食べたいし、行きたいところに行きたいというのは、きっと誰しもが望むことだと思います。でも、それができるかできないかはいろいろな状況があるから、叶わないこともありますよね。

それでも、望みを叶えようとして集まってくれる人たちが周りにいるということは、マエダさんの宝だと思いますし、それはとても幸せなことだなぁ、と感じました。

――母一人、子一人の母子関係はどのように映りましたか?

子どもが40代になったとしても、母にとっては永遠に子どものままといいますか、ずっと子どもであることに変わりはないんですよね。そんな子どもが先立ってしまうかもしれないというのは、どれだけ苦しいことか…。お母さんの気持ちになると、すごくつらいものがありました。

――以前、番組の魅力を「人間の良いところもかっこわるいところも、全部さらけ出されている」と話していましたが、今回はいかがでしたか?

毎回、自分なりに責任を背負ってナレーションをやらせていただいているつもりですが、今回は、少し違う重さがありました。

先日放送になった高木ゑみさんの回(『ザ・ノンフィクション「笑顔で生きよう~お母さんと僕の約束」』)を見ていて、すごく元気な方でしたし、ずっと笑顔で(身なりも)とってもきれいにされていたので、病気を克服して元気になられたんだろうと思っていたら、亡くなってしまって。涙が止まりませんでした。

性別が同じで、お子さんがいらっしゃることもあって、すごく考えさせられました。今回もそうですが、人の最期のときというのがどういうものなのか…。

ドキュメンタリーでしか、なかなかこんな気持ちにはなりません。この番組を見ているときは、全部が“自分ごと”になってくるので、本当にいろんなことを考えさせられます。

今回の放送を、マエダさんのお友だちは、いつもみたいにみんなで集まってお酒を飲みながら、笑ったり泣いたりしながら見るのかな、と思うと、それはとても素敵な時間になるんだろうな、なんて想像しました。

<“語り”の一部をご紹介!>

この記事の画像

「宮﨑あおい 44歳で余命宣告の“ダメ人間”と仲間たちの“終活”に涙「私もお友だちの一人になった気が…」」の画像1 「宮﨑あおい 44歳で余命宣告の“ダメ人間”と仲間たちの“終活”に涙「私もお友だちの一人になった気が…」」の画像2 「宮﨑あおい 44歳で余命宣告の“ダメ人間”と仲間たちの“終活”に涙「私もお友だちの一人になった気が…」」の画像3

当時の記事を読む

宮﨑あおいのプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮﨑あおい」に関する記事

「宮﨑あおい」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮﨑あおい」の記事

次に読みたい「宮﨑あおい」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク