桜の咲く季節…ライカ(門脇麦)との別れ<『ミステリと言う勿れ』第10話完全版>
拡大する(全1枚)

『ミステリと言う勿れ』第10話完全版

久能整(菅田将暉)とライカ(門脇麦)が大隣総合病院の温室で足湯を楽しんでいると、梅津真波(阿南敦子)が来て正月の過ごし方の話になる。病院に来る途中、神社を見かけた整が初詣に行かないかとライカを誘うと、真波も2人で行ってみたらいいと勧めた。

<ドラマ『ミステリと言う勿れ』の関連記事>

ライカも承諾したので、整は元日午前3時に行こうと約束する。

桜の咲く季節…ライカ(門脇麦)との別れ<『ミステリと言う勿れ...の画像はこちら >>

2人きりの小イベントに、整は大晦日からソワソワしながら過ごし、約束の時間に神社でライカと合流。お互いに初めての初詣に戸惑いながらもお参りをして、おみくじを引き、屋台のたこ焼きを頬張って楽しむ2人。

そんな2人を、年始のパトロールに駆り出されていた風呂光聖子(伊藤沙莉)と池本優人(尾上松也)が見かける。ライカを見た池本は何かに気がつくが、風呂光に2人の邪魔をしてはいけないと促されパトロールに戻っていった。

神社から出ると、ライカは焼肉を食べようと整を誘う。元日のこんな時間に開いている店はないと整は言うのだが、すでにライカが灯りの点いている焼肉店を見つけていた。

整が店内をのぞくと、店主らしき浦部沢邦夫(堀部圭亮)と店員の沙也加(志田未来)がいる。整がまだ営業中か尋ねると、邦夫は閉めようとしていたと言う。ところが、沙也加は年明け早々の客を返してはダメだと邦夫をたしなめて、整とライカを迎え入れた。

沙也加の言葉から、邦夫とは父娘の関係らしい。席に着くとライカが数字の暗号で整に何かを伝える。めんどくさがりながら「自省録」で確認する整。焼肉を食べ始めると、整に手首のためらい傷を見られたライカは、これをやったのは自分ではないと妹の千夜子の話を始めた。

まず、ライカは千夜子は妹ではなく、この世には千夜子しか存在しないと言う。そして、自分は解離性同一性障害、いわゆる多重人格の千夜子が生み出した別人格の1人だと告白した。

父親から暴行を受けていた千夜子はライカたち別人格を作り、自身は閉じこもっていった。千夜子は表に出た時、死を選ぼうとするのでライカたちが必死に眠らせていたと言う。表に出ていたライカは、香音人(早乙女太一)と下戸陸太(岡山天音)に会い、両親の殺害を依頼したのだ。

その後、精神科病棟に入った千夜子は落ち着きを取り戻し、別人格は役割を終えて徐々に消えていき、最後に残ったのがライカだった。

ライカは、自分は歩けないと思っている千夜子に代わって病院を抜け出し、足を鍛えていた。だが、10歳の頃で精神の成長が止まっていた千夜子に成長の兆しが見えてきて、春から里親の元で暮らすことになったのだ。

千夜子の幸せを見届けたら消えると整に話すライカ。整は、ライカが話していた“春になったら自分は消える”という意味を理解する。そんな話の間にも、料理を提供する沙也加の様子がおかしいことに、整とライカは気づいていた。

食事を終えて店を出た整とライカ。整はある場所に連絡して、しばらくしてから店へ戻る。すでに店には鍵がかけられていたが、整は中にいた沙也加に忘れ物をしたと話しかけて開けてもらった。すると、店が開いていると他の客が大勢なだれ込んで来てしまう。

整が沙也加と邦夫に話して注意を引きつけていた、その時、邦夫が客に拘束された。客たちは整の通報を受けた刑事たちだったのだ。

池本もいて、店の奥に沙也加の両親が拘束されているのを見つける。邦夫は逃走中の強盗殺人犯。沙也加は自分が出した救助サインに気づいてくれた、と整に礼を言う。

整は、外で待っていたライカを病院へと送る。病院の桜の木の下で、整が春までにまたどこかへ行こうと提案すると、ライカは次はないと断った。

抜け出していることが病院にバレたと言うライカは、もともと千夜子の幸せしか望んでいなかったのだが、最近、整と知り合ったことで、「楽しい」や「うれしい」という感情が芽生えてしまったと言う。さらに、このままだと消えたくないと思ってしまうので、今日の初詣を最後に自分は永遠の眠りにつくことにした、と語る。

千夜子の幸せがライカの幸せならと、話を飲み込もうとする整。ライカは、千夜子は整を知らないので、見かけても話しかけないでほしいと頼む。すると、整は自分の胸の傷を見せ、ライカと同じ痛みだと告げた。整の痛みも代わってあげられたら良かっと言うライカは、今までの礼を言ってその場を去った。

整は、ライカの背中に“さようなら、ライカさん”とつぶやく。

桜が開花した。ライカという友人を無くした整は、心が定まらずにいた。いつもと違う様子に気づいた天達春生(鈴木浩介)に話しかけられた整は、初めて誰かと一緒に桜を見たいと思った自分に驚いていると話す。

天達はそんな整に、まだ頭でしか知らないことが多いが、この先、体験することで考えが変わることもあるだろう。それは、恥ずかしいことではないので、人に会い、人を知るようにとアドバイス。そして、それは自分を知る旅だと伝えた。

千夜子が里親に連れられて退院する日、整は遠くからその姿を見送った。

そして、桜を見に行くと、風呂光に声をかけられる。千夜子の退院は風呂光が整に知らせていたのだ。礼を言う整に、風呂光は寂しくないかと問いかける。何も答えない整に、風呂光は自分が友達になってあげると言いだす。刑事としてではなく、1人の人間としてだと続ける風呂光に、整はありがとうございますと頭を下げた。

そして、2人は一緒に咲き誇る桜を眺めて…。

<ドラマ『ミステリと言う勿れ』は、FODでも配信中(最新回は期間限定で無料)>