中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」

中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」
拡大する(全7枚)

8月12日(木)、DISCOVER WORLD THEATRE vol.11「ウェンディ&ピーターパン」の初日開幕直前取材会が行われ、黒木華中島裕翔Hey! Say! JUMP)、堤真一が登壇した。

本作は、イギリス・スコットランドの作家、ジェームス・マシュー・バリーが20世紀初頭に書いた世界的名作「ピーターパン」。今回は、その小説版をロンドンで注目の若手作家であり演出家でもあるエラ・ヒクソンが新たにウェンディの視点から翻案。

2013年に英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの新作公演として上演。セリフに加えダンスやフライング、小道具、美術、映像などを駆使し“フィジカルシアター”のスタイルと、スペクタクルとマジカル満載の美しい舞台が話題となり、2015年にはウエストエンドでの再演も果たした。

日本では初演となる本作で、ウェンディ役を黒木、ピーターパン役を中島が演じ、堤はフック船長とミスター・ダーリングの二役に挑戦する。

中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」の画像はこちら >>
中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」

フォトセッションが始まると、記者の人数はいるものの、今回はオフィシャルカメラマンだけの撮影ということで、堤は「(カメラ)1台だけ?」と驚いたリアクション。ムービーの撮影では、3人で手を振るだけでなく、体を揺らすなど仲の良い雰囲気を見せていた。

中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」
「ウェンディ&ピーターパン」に出演する堤真一、黒木華、中島裕翔

初日を明日に控え、黒木は「やっと皆さんに見ていただけるんだなと、感慨深く思います」、中島は「全然実感が湧かなかったんですけど、こうやってことが進んでいくと、いよいよ明日が初日なんだなと。個人的にはカンパニーの皆さんに、8月10日の誕生日を祝っていただけたのがうれしかったです」、堤は「本当にコロナ禍で大変な中で、それでもなんとか漕ぎ着けて。まだまだ心配な部分はあるんですけど、今の時点で素晴らしい作品ができているので、より多くの方に観ていただきたいと思います」とそれぞれに挨拶した。


この記事の画像

「中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」」の画像1 「中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」」の画像2 「中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」」の画像3 「中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」」の画像4
「中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」」の画像5 「中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」」の画像6 「中島裕翔、ピーターパンとの共通点は「割と子ども扱いされる」」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

中島裕翔のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中島裕翔」に関する記事

「中島裕翔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中島裕翔」の記事

次に読みたい「中島裕翔」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク