小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話

小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話
拡大する(全5枚)
アキレスが作っていた子ども向け運動靴

3月3日(水)放送の『林修のニッポンドリル 開かずの金庫3つ連続解錠&「瞬足」大ヒット物語』では、人気企画「大ヒット商品のナゾ」を放送した。

1957年、玄関で靴を脱ぐ日本の文化を学校現場にも取り入れようと、誕生した上履き。戦時中からゴム製品を扱っていた「アキレス株式会社」は、その技術を生かして、子どものための運動靴、なかでも上履きの製造に力を入れていた。

小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した...の画像はこちら >>

アキレスのまぶしいほどに純白だった上履きは、新1年生にとって憧れのアイテムだった。しかし、清潔感を表すその白い上履きが、アキレスの首を絞めることに。ライバル会社が、ゴム部分に色を付けたカラー上履きを発売したのだ。すると、アキレスの上履きの売上は激減。

そこでアキレスは、「デザインは一過性のもの。良いものさえ作っていれば、いつか子どもたちもわかってくれる」と、ゴム技術をいかした機能性で勝負に出る。

当時の上履きは雨の日に滑りやすかったため、シンプルな靴底を一新し、雨の日でも滑りにくい安全性の高い上履きを開発。だが、性能の高さがユーザーに伝わらず、シューズメーカー業界の5番手に沈んでしまう。

小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話
アキレスが開発した滑りづらい靴底の上履き

窮地に立たされたアキレスは、上履き以外の商品で勝負するため、1999年、営業部員の津端裕氏に“新たな運動靴”の開発を命じた。

会社の命運をかけた、いままでにない新しい運動靴の開発。商品開発のノウハウがない津端氏は、登下校中や運動会などで子どもが履いている靴を片っ端から撮影してヒントを探そうとしたが、なかなか突破口は見つからなかった。


この記事の画像

「小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話」の画像1 「小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話」の画像2 「小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話」の画像3 「小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話」の画像4
「小学生の2人に1人が着用!『マルモのおきて』でも大活躍した「瞬足」の誕生秘話」の画像5

当時の記事を読む

林修のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「林修」に関する記事

「林修」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「林修」の記事

次に読みたい「林修」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月3日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 林修 和菓子
  2. 林修 林先生が驚く初耳学!

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。