石川瑠華「めっちゃ仲良くしたかった」青木柚との“絶妙な距離感”での共演を振り返る

石川瑠華「めっちゃ仲良くしたかった」青木柚との“絶妙な距離感”での共演を振り返る
拡大する(全3枚)

8月3日(火)、映画「うみべの女の子」の公開記念舞台挨拶が行われ、石川瑠華、青木柚、ウエダアツシ監督、原作者の浅野いにおが登壇した。

漫画家の浅野は、17歳でデビューし、一見ありふれた日常の表と裏を斬新な手法で描いてきた。2009年に発表した「うみべの女の子」は、「思春期」「恋」「性」といったセンシティブな題材に真正面から挑んだ作品として、今なおファンの間で高い人気を誇っている。ウエダ監督が企画会議に原作を持っていってから、5年の月日を経て、映画が完成した。

海辺の小さな街で暮らす中学生の小梅(石川瑠華)は、憧れの三崎先輩(倉悠貴)に手ひどく振られたショックから、かつで自分のことを「好きだ」と言ってくれた、内向的な同級生・磯辺(青木柚)と関係をもってしまう。やがて磯辺を恋愛対象とは見ていなかったはずの小梅は、徐々に磯部への思いを募らせるが…。

石川瑠華「めっちゃ仲良くしたかった」青木柚との“絶妙な距離感...の画像はこちら >>

脚本を読んだ時の感想について、石川は「セリフが原作そのもので、原作と比べてシーンやセリフが、“ある”か”なし”かといった感じで、単純に喜びや悲しみがありました」と紹介。ウエダ監督から、無くて悲しかったセリフについて聞かれると「『BUMP OF CHICKENの藤くん』というセリフがなかったのが寂しかった」と明かすと、ウエダ監督は「(原作から)10年経っているので精査した部分はあります」と答えた。

また「オーディションの前に(原作を)読み返した」という青木は、「思春期の恋と性というものが描かれているんですけど、一言では表せない濃厚さがあって。自分自身も思い当たるようなざらつきだったり、そういう面が脚本にも原作の色を残したまま書かれていて、自分自身も苦しくなった。自分が磯部をやる可能性があると考えた時に、すごい責任を感じるとともに、ゾクゾク感があり高揚しました」と語った。


この記事の画像

「石川瑠華「めっちゃ仲良くしたかった」青木柚との“絶妙な距離感”での共演を振り返る」の画像1 「石川瑠華「めっちゃ仲良くしたかった」青木柚との“絶妙な距離感”での共演を振り返る」の画像2 「石川瑠華「めっちゃ仲良くしたかった」青木柚との“絶妙な距離感”での共演を振り返る」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク