世界13ヵ国で上演された話題作が開幕!岡本圭人&健一が描く“親子の絆”

世界13ヵ国で上演された話題作が開幕!岡本圭人&健一が描く“親子の絆”
拡大する(全4枚)

8月30日(月)に開幕する舞台「Le Fils(ル・フィス)息子」のフォトコールと取材会が同日、東京芸術劇場 プレイハウスで行われ、主演の岡本圭人、共演の若村麻由美、岡本健一らが登壇した。

本作は、現代においてもっとも心躍る劇作家といわれ、自身が初監督を務めた映画「ファーザー」では、第93回アカデミー賞脚色賞を受賞したフランスの若手劇作家、フロリアン・ゼレール氏が脚本を、深い洞察による緻密さとスタイリッシュさを両立させるラディスラス・ショラー氏が演出を手がけ、世界13ヵ国で上演された話題作。

主人公のニコラ役は各国を代表する俳優により演じられており、若手俳優の登竜門と呼ばれている。

そんな傑作が日本で初めて上演されることになり、悩める17歳のニコラに岡本圭人が扮するほか、ニコラの実の母・アンヌを若村、そして、ニコラの父・ピエールを岡本健一が演じる。

世界13ヵ国で上演された話題作が開幕!岡本圭人&健一が描く“...の画像はこちら >>

この日、報道陣に公開されたのは3つの場面。

まずは、息子・ニコラ(岡本圭人)がテレビを見ているところへ、父・ピエールが帰宅するシーンからスタート。一つのスナック菓子を2人で共有しながら、穏やかな時間を過ごす親子のありふれた日常だ。

そこへ、ピエールの新たなパートナー・ソフィア(伊勢佳世)が入ってきて、ベビーシッターが急病で来られなくなったことを告げる。困り果てるピエールとソフィアを見かねたニコラが、自分が弟の面倒をみると提案するも、ニコラのことを信用できないソフィアはこれを拒否。


この記事の画像

「世界13ヵ国で上演された話題作が開幕!岡本圭人&健一が描く“親子の絆”」の画像1 「世界13ヵ国で上演された話題作が開幕!岡本圭人&健一が描く“親子の絆”」の画像2 「世界13ヵ国で上演された話題作が開幕!岡本圭人&健一が描く“親子の絆”」の画像3 「世界13ヵ国で上演された話題作が開幕!岡本圭人&健一が描く“親子の絆”」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

岡本圭人のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「岡本圭人」に関する記事

「岡本圭人」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「岡本圭人」の記事

次に読みたい「岡本圭人」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク