鈴木ゆうか『ナンバMG5』でレディース総長役「やってやるぞ、オラー!」
拡大する(全2枚)
『ナンバMG5』の鈴木ゆうか

間宮祥太朗さん主演、新水10ドラマ『ナンバMG5』第6話より、鈴木ゆうかさんが出演します。

鈴木さんが演じるのは、ももいろクローバーZのメンバーが扮(ふん)するレディース軍団「横浜魔苦須(マックス)」の、二代目総長・牧野弥生(まきの・やよい)。

<ももクロが赤いつなぎのレディース役で降臨!血だらけのケンカシーンも>

弥生は、ヤンキーをやめたい剛(間宮)と同じ白百合高校に通う1年生。2年生に進級した剛が副部長を務める美術部に入部し、一見、真面目そうに見えたのですが…。

ある日、ひょんなことから、特攻服を着た剛が、横浜のレディース「横浜魔苦須」のメンバー(ももいろクローバーZ)を、神奈川最強のヤンキーチーム「ケルベロス」から助けることに。

しかし、彼女たちは「ケルベロス」が、1ヵ月後に少年院から出てくる“キング”を連れてまたやってくるだろうと恐れていました。

“キング”の狙いは、「横浜魔苦須」二代目総長の弥生だったのです。

剛は、白百合の後輩の弥生が、裏ではレディースの総長を張っていると知り、“ある行動”に出ます。

鈴木ゆうか『ナンバMG5』でレディース総長役「やってやるぞ、...の画像はこちら >>

鈴木さんは、「non-no」の専属モデルを務めながら、女優としても活躍。『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』(2016年/日本テレビ)でドラマデビュー。

その後は、『4分間のマリーゴールド』(2019年/TBS)などに出演。『JKからやり直すシルバープラン』(2021年/テレビ東京)では、初主演を務めました。


この記事の画像

「鈴木ゆうか『ナンバMG5』でレディース総長役「やってやるぞ、オラー!」」の画像1 「鈴木ゆうか『ナンバMG5』でレディース総長役「やってやるぞ、オラー!」」の画像2