<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな

<コラム>『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第2話

おい!“ラジハ”がこんなに“月9”だったなんて聞いてないぞ!!

“月9”、つまりそれはもちろん、“ラブ”ってことなんだけど、“ラジハ”の“ラブ”はなんつーか、言ってしまえば、添え物、もっと悪く言えば、“ままごと”だと思ってたのね(悪く言いすぎ)。いや、だけど、その軽やかさ、不器用さが、逆に月9としては微笑ましいし、それこそが“ラジハ”だよね…なーんて思ってたわけ。だもんで、その辺の“ラブ事情”について、かつての“月9”を見るように、“キュン”だの“切ない”だの、やんや言うのって野暮だし、本筋は医療モノなわけだから、そこは静かに見守っとこ、サイドストーリーとして、箸休め的な、味変(あじへん)的な(言い方!)位置づけで見とこ…って思ってたわけ。

<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っ...の画像はこちら >>

とは言ってもね、やっぱりね、五十窪田正孝)と甘春ちゃん(本田翼)のラブ模様はこのドラマにとっては必要不可欠で、病院内ではプロフェッショナルだけど、プライベートの、こと恋愛については不器用…っていう、そのアンバランスさ、それこそが今作の世界観を構築してる一部だよね…、ってのは思ってはいたし、その関係にほんのり顔を覗かせる広瀬(広瀬アリス)もね、いい味出してる…っていう認識は持ってたんだ…けれど…。

<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな
『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』の(左から)広瀬アリス、本田翼、窪田正孝

うん…、だけど…、とは言ってもさ、さすがにさ、そこにさ、辻村先生(鈴木伸之)が入ってくんのはさ、ちょっといらない、どうせ主人公カップルに割って入ってきても、絶対無理なんだからさ(ひどい)、そこはいらないんじゃねぇか、てか、鈴木伸之さん演じる辻村先生が本気出したら、あの容姿端麗がマジすぎて、ちょっと、その辺の恋愛ファンタジーに、生々しさが加わっちゃって、世界観をぶち壊しかねないんじゃないか?…うん、だから、そこ、いる?って、その“いる?”ってくらいが、ちょうどいい、その辺にしとけ、それこそが辻村先生のアイデンティティだ!!って思ってたんだよね…。


この記事の画像

「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像1 「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像2 「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像3 「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像4
「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像5 「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像6 「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像7 「<コラム>大人のようで子供で、だけど医者としての説得力も持っている…対等な目線こそ“ラジハ”の五十嵐なんだな」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

嵐のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「嵐」に関する記事

「嵐」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「嵐」の記事

次に読みたい「嵐」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク