倉田大誠アナ ジャニーズに応募し続けた少年時代「もともとアナウンサー志望ではなかった」

倉田大誠アナ ジャニーズに応募し続けた少年時代「もともとアナウンサー志望ではなかった」
拡大する(全2枚)
倉田大誠アナウンサー

テレビマンの仕事の極意と、彼らの素顔に迫る「テレビマンって実は」。

今回は、『めざまし8』キャスターやスポーツ実況などで幅広く活躍する倉田大誠アナウンサーが登場。

倉田アナと言えば、今年の東京五輪スケートボード男女ストリートの実況で発した「13歳、真夏の大冒険」という言葉がキャッチーだと話題に。入社17年目の今、アナウンサーとして、そして会社員としてどんなことを考えているのか。

全4回連載の第2回目では、ジャニーズ事務所に応募していたという少年時代の話や、アナウンサーになった経緯について迫った。

<【第1回】「いざ実務になるとボロが…」東京五輪後にぶつかった“壁”>

「姉に好かれたくて」ジャニーズ事務所に7回応募

――倉田さんは小学生のときにジャニーズ事務所に応募したことがある、というを聞きましたが本当ですか?

本当です。ジャニーズ事務所には7回応募しました。しかも自ら。

私には3つ上の姉がいるのですが、小さい頃はあまり仲が良くなくて。例えば、母が姉に「一緒に買い物行く?」と聞くと姉は「行く」と答えますが、母から「大誠は?」と聞かれて私が「僕も行く」と答えると、姉は「大誠が行くなら、私行かない」と拒否して。まぁ一般的に姉弟間でよく見られる、仲の悪さだと思います。

その姉が、光GENJIが好きだったんです。だから、小学生の頃から「光GENJIってなんだろう?」と興味を持ち始めて。光GENJIみたいになれば姉に好かれるかもしれない、と思ったのが応募したきっかけです。


この記事の画像

「倉田大誠アナ ジャニーズに応募し続けた少年時代「もともとアナウンサー志望ではなかった」」の画像1 「倉田大誠アナ ジャニーズに応募し続けた少年時代「もともとアナウンサー志望ではなかった」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャニーズ」に関する記事

「ジャニーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニーズ」の記事

次に読みたい「ジャニーズ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク