窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」
拡大する(全5枚)

窪田正孝宮沢りえが12月13日(月)、都内で開催された映画「決戦は日曜日」完成披露試写会に、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎音尾琢真、坂下雄一郎監督とともに登壇。初共演した印象を明かした。

窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒さ...の画像はこちら >>

本作は、事なかれ主義の議員秘書・谷村(窪田)と、政界に無知な熱意空回りの二世候補・川島有美(宮沢)の選挙活動を行っていく様を描くポリティカルコメディ。

窪田は、満員の観客からの温かい拍手に迎えられ、「こうやって皆さんのいる前に立つのが久しぶりすぎて、ちょっと、どうしていいか分からないです…」と感慨深い様子。共演者とも久々の再会だったそうで、「みんなに会ったのも1年ぶりだったので、感無量でございます。お久しぶりです」と共演者に頭を下げて笑いを誘い、「本当にたくさん笑ってもらえる、でもどこか人ごとじゃない、とてつもない映画が完成しました」と胸を張った。

窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」
映画「決戦は日曜日」完成披露試写会に登壇した窪田正孝

宮沢は「脚本をいただいた時に、自分が演じるという責任感を全く忘れて、声を出して笑いながら読んでいたかと思うと、ふと考えさせられることがあって。監督からのメッセージが台本からひしひしと伝わってきました」と真摯に明かし、「その笑いの中にある監督のメッセージを、皆さんに受け取っていただけたらと思います」と笑顔を見せた。

窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」
映画「決戦は日曜日」完成披露試写会に登壇した宮沢りえ

窪田と宮沢は本作が初共演となる。宮沢は「私の役が感情をストレートに出して、自由奔自分の意見を言う役だったので、本当にストレスがなくて。私は撮影に行くのが楽しかったのですけど、それを受け止め切る(役を演じた)窪田さんは大変だったろうなぁと思います」としみじみ。

すると、窪田は宮沢について「今回ご一緒させてもらえて、すごく光栄で」と口にし、「こんなにエネルギーの集合体のような人に、僕は会ったことがなくて。全てがプラスなポジティブなパワーでできている方。だから一緒にいて話をしているだけで、治癒されていくんです。有美さんという役を通して、そのエネルギーをダイレクトにもらっていて。僕にとっての“パワースポット”みたいな(笑)。それくらい最高に楽しかったです」と満面の笑みで明かし、宮沢を照れさせていた。

窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」
映画「決戦は日曜日」完成披露試写会に登壇した宮沢りえ、窪田正孝

劇中では、窪田と宮沢が演じる谷村と有美の掛け合いも見どころになるが、宮沢は窪田との芝居を「窪田さんは受け止めてくれる許容がとにかく広いので、どこにボールを投げてもキャッチしてくれるという安心感があって」と言い、「すごく心強かったです」と窪田に感謝の思いを。

窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」
映画「決戦は日曜日」完成披露試写会に登壇した左から)宮沢りえ、窪田正孝

一方、窪田は自身の演じた谷村について「すごくそつなくこなすようで、実は中身はちょっとポンコツ。言わなくていいこともついつい言ってしまい、自分の感情が秘書という仕事を通して出てしまい、人をイラつかせたり、腹立たさせてしまうっていうのがありますね」と話し、「けど、コロナ禍でマスクをして言葉もなかなか出せない中で、役を通してめっちゃ毒をはいた感じで。もう日頃のものを全部出したっていうくらい、吐き出させてもらえる作品でもあった気がします。(パワースポットだと称する宮沢に)浄化していただきました」と照れ笑いを浮かべながら振り返った。

©2021「決戦は日曜日」製作委員会
配給:クロックワークス

最新情報は、映画「決戦は日曜日」公式サイトにて。

この記事の画像

「窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」」の画像1 「窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」」の画像2 「窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」」の画像3 「窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」」の画像4
「窪田正孝、宮沢りえはパワースポット「話をしているだけで治癒されていく」」の画像5