10月スタートの水10は、山田涼介主演『親愛なる僕へ殺意をこめて』
拡大する(全1枚)
『親愛なる僕へ殺意をこめて』放送!

山田涼介さんが、6年ぶりのフジテレビ系ドラマ主演を果たします。

10月スタートの水10ドラマに、山田涼介(Hey! Say! JUMP)さん『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ)が決定しました。

どんでん返しが見どころの二重人格サスペンス

本作は、連続殺人犯を父に持つ主人公の大学生がある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。驚がくの事実が次々と白日の下にさらされるなか、見る者に息つくひまも与えない、どんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンスです。

山田涼介さんは、今作が6年ぶりのフジテレビ系ドラマ主演。今作がGP帯ドラマで15回目の主演作となります。

また、ドラマの放送中となる11月に、Hey! Say! JUMPがデビュー15周年を迎える節目のタイミングでもあり、メモリアルな作品に。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』は、「ヤングマガジン」(2018年5月~2019年8月/講談社)、WEBコミック配信サイト「コミックDAYS」(2019年8月~2020年9月/講談社)で連載され、累計120万部突破の同名コミック(原作:井龍一さん/漫画:伊藤翔太さん)が原作。

連載終了直後から、映像化希望の声が出版社に数多く届いており、このたび、満を持してファン待望のドラマ化が実現します。

“連続殺人鬼の息子”という重い十字架を背負った主人公