大竹しのぶ リモート稽古で演出家の言動に感激「6000マイル離れていても、いつもそこにいてくれる」

大竹しのぶ リモート稽古で演出家の言動に感激「6000マイル離れていても、いつもそこにいてくれる」
拡大する(全2枚)

6月7日(月)、東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、COCOON PRODUCTION 2021 DISCOVER WORLD THEATRE vol.10「夜への長い旅路」の上演がスタート。大竹しのぶ大倉忠義杉野遥亮池田成志のコメントが発表された。

「夜への長い旅路」は、ノーベル文学賞受賞、ピュリッツァー賞4回受賞などの輝かしい足跡を誇り、“アメリカ近代劇の父”と称される劇作家、ユージン・オニールの傑作。

オニール自身の青春時代における、凄惨な家族の姿を描いた自伝劇といわれる本作。戯曲冒頭にて「血と涙で綴られた、古い悲しみの劇」と記されており、悲劇的な家族の歴史を人間の真実を突く普遍のドラマに昇華させ、自らの人生に“赦し”を与えたオニールの代表作でもある。

この演出を手掛けるのは、シアターコクーンでの舞台作りは5作目となるイギリス演劇界のトップランナー、フィリップ・ブリーン。人間を深く見つめ、物語を繊細に紡ぎ出すことで定評のあるフィリップが、実力派俳優4人を迎えて、オニールの最高傑作に挑む。

そして、モルヒネ中毒に冒されて常に精神が不安定な母メアリー役を大竹しのぶ、アルコールに溺れ、父親の脛をかじって放蕩を繰り返す長男ジェイミー役を大倉忠義、結核を患っている次男エドマンド役を杉野遥亮、アイルランド系移民で、金銭に対して異常な執着を持つ俳優の父ジェイムズ・タイロン役を池田成志が演じる。


この記事の画像

「大竹しのぶ リモート稽古で演出家の言動に感激「6000マイル離れていても、いつもそこにいてくれる」」の画像1 「大竹しのぶ リモート稽古で演出家の言動に感激「6000マイル離れていても、いつもそこにいてくれる」」の画像2

あわせて読みたい

大竹しのぶのプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大竹しのぶ」に関する記事

「大竹しのぶ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大竹しのぶ Instagram
  2. 大竹しのぶ 服部晴治
  3. 大竹しのぶ 野田秀樹

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク