「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー

「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー
拡大する(全4枚)

松井愛莉と笠松将が今どきの“結婚観”をコミカルに演じる、野島伸司脚本のFODオリジナルドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』(毎週土曜深夜0時に最新話配信)。

誰もが羨むエリート彼氏(結木滉星)と結婚間近の仁美(松井愛莉)は、工事現場で働く筋骨隆々なまなぶ(笠松将)と偶然出会って以来、まなぶにドキドキが止まらなくなってしまう。はたしてこの思いはマリッジブルーなのか?一瞬の気の迷いなのか?今どきの女性の「結婚観」と「葛藤」を描くドキドキなラブコメディ作品だ。

<ドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』関連記事>

無骨でセクシーなまなぶと、エリート婚約者との間で揺れるヒロインをキュートに演じる松井と、自身初の“かっこいい役”に戸惑いながらも気合十分な笠松に、作品の見どころや撮影の裏話について聞いた。

「さっきまであんなに強かったのに急に弱々しいところを見せてくる」(笠松将)

「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロ...の画像はこちら >>

<松井愛莉・笠松将インタビュー>

――最初に台本を読んだときの感想は?

松井:第一印象は「セリフが多い」でした(笑)。でも、本当に内容が面白くて、登場人物の一人ひとりがちゃんと描かれていて、すごく楽しく読ませていただきました。

笠松:今まで自分がやってきた作品とはテイストが違い、ラブコメだったこともあって、最初は軽い気持ちで読んでいたんです。けれど、読み終わった頃にはちょっと考えさせられる、台本の中に置き去りにされるような感覚があって、「これは面白い」と感じました。

――演じてみて、仁美とまなぶはどんな役だと捉えていますか?

松井:仁美は曲がったことが嫌いで、何事も決めつけない、素直でまっすぐな女の子。でも、それが裏目に出てしまって周りを振り回したり、逆に振り回されたりもします。

笠松:まなぶは“色気のある男”という設定ではありますが、まなぶの色気とか魅力って何かと考えたときに、内面的な部分がこの人の色気になっているんだろうなと思いました。

演じるうえで、キャラクターを魅力的に描かなきゃいけないというのは絶対的な課題です。今までは、犯人や人殺しといった役どころが多かったのですが、今回は「このキャラクターで魅了してください」という役で、まなぶは「とにかく魅力的な人」という部分を大切にしたキャラクターだなと思いました。

――お互いのキャラクターの魅力、ここに惹かれてしまうというポイントは?

松井:まなぶは包容してくれるような優しさがあって、接しているうちに人としての魅力が強く出てきます。誠実さを貫いているところがやっぱり魅力的かなと思います。

「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー
松井愛莉と笠松将

笠松:すごく魅力的でかわいらしい仁美が、さっきまであんなに強かったのに急に弱々しいところを見せて、「こんなに脆いんだ」と思わせてくる。そこがすごく人間っぽくていいなと思いました。

――ドキドキするシーンがとても多いですが、個人的にドキッとしたシーンはありますか?

笠松:2人で社交ダンスをするシーンですね。踊りながらもお互いにセリフもあって、そこに感情も乗っかってくるというシーンなんですが、すごく色っぽくて艶っぽくて…。キスをしたり、抱きしめあったりするよりも、お互いの心が通じているような気がしてドキドキしました。

松井:ドキドキしたというのとは違うかもしれませんが、仁美が酔って弱音を吐くシーンがあって、まなぶがそれを優しく包み込んでくれるんですよ。そのシーンはキュンとするというか、まなぶはすごく優しい人なんだなという部分に触れたといいますか、好きなシーンです。

「まなぶと笠松さんはリンクしているのかな」(松井)

「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー

――笠松さんはこれまで演じてきた役柄とはガラッと違うキャラクターですが、セクシー感が前面に出たまなぶを演じてみてどうでしたか?

笠松:このお話をいただく前は、イケメン役に対してちょっとアンチテーゼのようなものがあったんです。でも、容姿の魅力というのも役者の芝居にとっては大事なパーツで、今回そういう役を演じてみて、そこに向き合ってやってきている方たちに対して改めてリスペクトが生まれました。

現場では、スタッフの方たちの力を借りながら、一生懸命に自分の仕事をやるということが、まなぶの魅力につながるのかなという意識で挑みました。また機会があればやってみたいですね。

――松井さんから見たまなぶはいかがでしたか?

松井:すごく魅力的でした。冷たく突き放す中にも優しさがあるというか、すごく包み込んでくれる魅力があります。それは笠松さんにも通じているなと思っていて、現場でもリーダーシップをとってくれたり、私の元気がないときには「大丈夫?」って声をかけてくれたり、とても助けてもらいました。まなぶと笠松さんはリンクしているのかなと。

――撮影現場ではどんなお話をしましたか?

笠松: 1日の撮影量が多かったから、意外と空き時間がなくて、僕と松井さんとして言葉を交わすよりも、役のセリフとして言葉を交わしている時間の方が長くて。プライベートの話はそんなにしてないよね?

松井:笠松さんは、終始ふざけていて、普段はずっとラップを言っていました。ラップへの熱をすごく語ってくださって、それを「ひょえ~」って思って聞いていました(笑)。

笠松:やめろって、サムいじゃん(笑)。松井さんは、サッカーチームの川崎フロンターレのお話をしていたから、僕も「ほえ~」って聞いていました。

「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー

――仁美の素直さ、まなぶのセクシーさなど、好きになる相手の「ここに惹かれてしまう」といったポイントはありますか?

笠松:自分がおしゃべりなので、話しかけてくる人がいい。リアクションが良い人も好きです。

松井:私は定番ですけれども、ギャップが好きですねやっぱり。

笠松:ギャップ?ヤンキーが猫を可愛がるみたいな?でもそれってマイナスをゼロにしただけだよ。例えばのギャップを教えてちょうだいよ。

松井:いつもは強がっているけれど、ふと見えた弱さとか。そういうところにちょっとキュンとくる。あとは“手フェチ”なので、手がきれいだとキュンときちゃいます。

笠松:(自分の手を見ながら)骨だらけだな、マメだらけなのよ。

松井:(笠松の手を見ながら)あ、でもね割とパーフェクトに近い。裏側も見せて!

笠松:(手を隠して)そのパーフェクトに近いっていう情報のまま止めておきます(笑)。

――最後にドラマを見る人へメッセージをお願いします。

笠松:最初はポップな軽いラブコメとして見てほしいです。そして段々と、僕たちがいろいろな問題や壁に当たっていく中で、キャラクターに感情移入してもらえたら。「自分だったらどういう行動を選ぶかな」ということを考えさせられるドラマになっていると思います。見てくれた人がどういう感想を持つのか、ぜひ聞かせてもらいたいです。

松井:仁美がセクシーなまなぶとエリートな圭吾のどちらを選ぶのか楽しんでもらいつつ、「結婚てなんだろう」って改めて考えさせられる物語になっています。軽い気持ちで見てもらって、いろいろなことを考えていただけたらうれしいなと。登場するキャラも濃いので、そこもぜひ楽しんでいただきたいです。

<お互いに聞いてみたい質問を聞いてみた!>

<ストーリー>

仁美(松井愛莉)は、誰もがうらやむ彼氏・圭吾(結木滉星)と結婚間近。証券マンで収入もよく、高学歴で、優しくて、見た目も良い、いわゆる優良物件。このまま晴れてゴールインだと思っていたが、偶然街中で出会ったまなぶ(笠松将)のニッカポッカ姿でドリルを持つ太い筋肉と滴る汗に、仁美はドキドキが止まらない。

学歴も収入も圭吾より劣るが、仁美はまなぶが気になって仕方がない。これってマリッジブルー?一瞬の気の迷い?このまま結婚していいの…?仁美が選ぶのは“人としての色気”か“条件面”か?今どきの女性の「結婚観」を問うドキドキのラブコメディ。

『エロい彼氏が私を魅わす』の最新情報は公式サイトまで。

撮影:河井彩美

この記事の画像

「「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー」の画像1 「「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー」の画像2 「「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー」の画像3 「「キスしたり抱きしめあうよりドキドキした」シーンとは?『エロい彼氏が私を魅わす』松井愛莉・笠松将インタビュー」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

松井愛莉のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「松井愛莉」に関する記事

「松井愛莉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松井愛莉」の記事

次に読みたい「松井愛莉」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク