「逃げ恥」が朗読劇で再演!戸塚祥太らがムズキュンをお届け♡

東宝による、ラブストーリーに特化した朗読劇シリーズ《恋を読む》として「逃げるは恥だが役に立つ」の再演が決定した。

本作は、月刊「Kiss」(講談社)で連載された同名漫画が原作。2016年に実写ドラマ化、今年1月にはドラマスペシャルも放映され、大きな反響を呼んだ。

そんな、社会現象とも言える大ヒットラブコメディの朗読劇が、2019年以来の再演。さまざまな分野から集まったトップランナーたちが、個性豊かなキャラクターを日替わりで演じる。

津崎平匡役 キャストコメント>

細谷佳正(8月11日出演)
再演に参加できること、本当にうれしく思っています。初演から2年くらい経っているので、今度はどんなことを感じ、どんな経験ができるのかとワクワクしていますし、共演者の方々や会場の皆さんと一緒に楽しい時間を作っていけるように、自分自身も楽しみながら作っていきたいです。会場で皆さんとお会いできることを楽しみに過ごしていこうと思います。

太田基裕(8月12日・15日出演)
津崎平匡役を演じます太田基裕です。「逃げ恥」という作品のメッセージや世界観を楽しみながらも、お客さまと素敵な時間を共有できるよう演じます。劇場でお待ちしています!

戸塚祥太A.B.C-Z)(8月13日・14日出演)
たくさんの方に愛されてきている、この作品を朗読劇という形でドラマとは違う魅せ方と可能性に私自身もドキドキワクワクしながら飛び込んでいきたいと思います。声で表現する「逃げるは恥だが役に立つ」楽しみにしていてください。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク