<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング

<コラム>『推しの王子様』最終話

え!?…最後の、あの二人の、キスシーンの、感想だって??

…んなもん!オフィスの中でイチャついてんじゃねぇよ!!!

に、決まってんだろ!!!!!

大変…、大変失礼いたしました。ついつい、のっけから、誰も聞いてない質問に対して、悪態つきまくりの返答になってしまいました。気分を害した方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ございませんでした。…って、いや…、でも、だけどね、言わして!?気分を害したってね、それはね、こっちのセリフだよ!!!(ひどい逆ギレ)

いやー、あれはね、ホントにね、ホント良かったのよ…良かったシーン故、なのよ(どっちやねん)。主人公カップル…泉美(比嘉愛未)と航(渡邊圭祐)の目線に立ったらね、やっと思いが通じ合って、お互いの気持ちを伝えることができて、泉美は「ペガサス・インク」のオフィスで過ごした時間が、かけがえないものだって、改めて気づいた…。そして航もその場所で、社員みんなが生き生きと働いている姿を、かつて“憧れていた”…わけだけど、今は立派に成長し、そこにいる…。そんな“「ペガサス・インク」のオフィス”という、場所の重要性。でもって、そんな成長した航が作り上げた“恋森”によって、泉美は自分の原点を思い出すことができた…。終盤にかけて描かれた泉美の答えの出ない葛藤をどうやってまとめるんだろう…なんて心配してたら、立派に成長した航が生み出した“乙女ゲーム”によって、今度は、泉美が救われる…っていう見事な決着。で、泉美は、自分を救ってくれた、成長した、航が好き…。だから、視聴者的には、そん時ケントさまのコスプレをしてた航がめったクソ様になってて、そっからいくらでもキュン死にできる体制入ってたってのに、泉美からしたら、そうじゃない、“ケント様の容姿”である航じゃなく、今の、成長した、そのままの航が好き…つって、わざわざ、ナチュラル航に、服脱がしてからの…っていう、ナチュラルキッスシークエンス!!(2週連続、最終回特別バージョン)。でもって、そっからダメ押し。会社のみんな戻って来ちゃって、キッスはおあずけ…かと思いきや、航がそうはさせまい!てな感じで、ルンルン!!気分の、いい意味でそこは成長していなかった、少年の面影も見せつつ、急いでカギ閉めて、いよいよ、満を持して、泉美と、航が、ラブフォーエバーハッピーエンディングビューティフル(長い)、キッス!!!!!


この記事の画像

「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像1 「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像2 「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像3 「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像4
「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像5 「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像6 「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像7 「<コラム>推しを作り出せる人というのは、ここまで思いが強い人でないと不可能なんだと思わされる、すっごいいいエンディング」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

比嘉愛未のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「比嘉愛未」に関する記事

「比嘉愛未」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「比嘉愛未」の記事

次に読みたい「比嘉愛未」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク