SixTONES 京本大我、“スパイダーマン”愛を熱く語る「大満足の一言です…」
拡大する(全3枚)

SixTONES(ジェシー、京本大我松村北斗、髙地優吾、森本慎太郎田中樹)が、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」公開記念スペシャル舞台挨拶に登場。同作の日本語吹替版の主題歌にもなっている最新曲「Rosy」を生パフォーマンスしたのち、トークセッションが開催された。

松村北斗「スパイダーマンの世界にお邪魔させていただく気持ちでした」

SixTONES 京本大我、“スパイダーマン”愛を熱く語る「...の画像はこちら >>

主題歌が決まった時の気持ちについて、田中は「全員『スパイダーマン』を知っていましたし、それぐらい有名な映画の主題歌を“俺らが歌うの!?”という感覚でしたね」、髙地は「世界規模で有名な作品ですし、重圧に押しつぶされそうになりました。エンドロールに『SixTONES』って出るのかと思うとドキドキのほうが大きかったです」と明かす。

松村が「『スパイダーマン』の世界にお邪魔させていただく気持ちでした」というと森本は「右に同じです」と話して会場を笑いの渦に。仕切り直した森本は「ほんとうに嬉しかったので、エンドロールに出たときはやっぱり“おおお!”って思いましたね」と話した。

SixTONESの最新曲「Rosy」について、田中は「僕たちが映画のなかでダンスパフォーマンスをすることはないので、おこがましいですけど、もし(映画の観客の皆さんに)パフォーマンスを見ていただける機会があったときに、少しでも『スパイダーマン』の世界観を感じていただけたらと思って。なので今日も全力でやらせていただきました」とコメント。


この記事の画像

「SixTONES 京本大我、“スパイダーマン”愛を熱く語る「大満足の一言です…」」の画像1 「SixTONES 京本大我、“スパイダーマン”愛を熱く語る「大満足の一言です…」」の画像2 「SixTONES 京本大我、“スパイダーマン”愛を熱く語る「大満足の一言です…」」の画像3