5月12日(木)、映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」の完成報告会が行われ、ディーン・フジオカさん、岩田剛典さん、佐々木蔵之介さん、新木優子さん、広末涼子さん、村上虹郎さん、小泉孝太郎さん、稲森いずみさん、椎名桔平さん、西谷弘監督が登壇しました。

本作では、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)が唯一無二の名探偵バディとして難事件を解決する様子が描かれます。

ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中...の画像はこちら >>

ディーン「(劇場版は)没入していく感覚が圧倒的」

冒頭の挨拶で、ディーンさんは「ドラマ版から関わらせていただいて、映画化という流れになりまして。映画館で試写を見させていただき、作品の中に没入していく感覚が圧倒的でした。豪華なキャストの皆さんが集まっておりますが、1人1人のキャラクターが織りなす重奏的な物語も魅力の1つになっているんじゃないかなと思います」と紹介。

ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」
映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」完成報告会に出席したディーン・フジオカ

岩田さんは「ドラマ版『シャーロック』から、約2年半ぶりにパワーアップして帰ってまいりました。とても重厚感のあるエンタメ作品として、万人に届けられる作品ができたなと思っております。久しぶりの西谷組で、とても楽しい撮影期間でした」と挨拶しました。

ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」
映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」完成報告会に出席した岩田剛典

ドラマ版に続き、刑事の江藤礼二投を演じる佐々木さんは「ドラマ版からずっとやってて、『このままドラマだけで終わってしまうのはもったいないし、寂しいな』と思っていたところに、映画化の話を聞いて、また西谷組で、あのバディに会えると幸せな気持ちになりました」とコメント。


この記事の画像

「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像1 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像2 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像3 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像4
「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像5 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像6 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像7 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像8
「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像9 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像10 「ディーン・フジオカ、岩田剛典のかわいさが”進化”し「自分の中にも母性本能が」」の画像11