北川景子「パニックになりながら…」有名作品のオマージュ裏側明かす

北川景子「パニックになりながら…」有名作品のオマージュ裏側明かす
拡大する(全2枚)

8月5日(木)、映画「キネマの神様」の公開記念舞台挨拶が行われ、菅田将暉野田洋次郎北川景子宮本信子、山田洋次監督が登壇した。

北川景子「パニックになりながら…」有名作品のオマージュ裏側明...の画像はこちら >>

本作は、松竹映画100周年を記念した作品で、8月6日(金)に公開される。原田マハによる小説「キネマの神様」を原作に、菅田と、故・志村けんさんの遺志を継ぐ沢田研二がW主演を務め、山田監督が演出を担当。ギャンブル漬けで借金まみれだが、映画を愛してやまない現在のゴウを沢田が演じ、50年ほど前に助監督として働いていた若き日のゴウを菅田が演じる。

本作で、銀幕女優役を演じた北川は、当時活躍していた名女優を参考に勉強したそうだ。北川は「私はその時代のことを直接は知らないので、いろいろな作品を拝見したり、その時代のヘアメイクが載っている写真集なども見たのですが。雲をつかんでいるようで、いくら勉強しても近づいている感じがしなくて…」と苦労を明かした。

続けて「役作りで1番助けていただいたのは、監督からの撮影所時代の話でした。話を聞きながら、ひとつひとつピースを集めていったので、助けになったなと思います」と語った。

作中に登場する、小津安二郎監督の映画「東京物語」を、オマージュしたシーンについては「冷や汗でした(笑)。あんなに有名な作品のオマージュをやるということで、原節子さんを超えることは絶対にできないですけど。なるべく近づけてやりたいなと思いましたし、まねするだけではなくキャスティングしていただいたからには、自分らしい部分を残したいという思いもあって…。でも、どうしたら良いのか分からなくて、パニックになりながら終わりました」と振り返った。

北川景子「パニックになりながら…」有名作品のオマージュ裏側明かす

山田監督は「カメラポジションやエキストラの配置、北川景子さんの衣装も原節子さんを再現して。小津安二郎の映画をそっくりそのまま作ろうとして、実際にカメラを覗いてみたら、不思議な感じがして、ゾクゾクッとしましたね。小津安二郎が近くにいるというか、話をしたことはないけれど、小津さんに会えた気がしました」と語った。

映画「キネマの神様」は、8月6日(金)全国ロードショー。

©2021「キネマの神様」製作委員会
配給:松竹

最新情報は、映画「キネマの神様」公式サイトまで。

この記事の画像

「北川景子「パニックになりながら…」有名作品のオマージュ裏側明かす」の画像1 「北川景子「パニックになりながら…」有名作品のオマージュ裏側明かす」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

北川景子のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「北川景子」に関する記事

「北川景子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北川景子」の記事

次に読みたい「北川景子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク