関ジャニ∞大倉忠義さんが体調不良のため、一定期間活動を休止することを発表しました。

事務所によると、1年半程前から大倉さんに耳鳴りの症状が出はじめ、定期的に通院しながら様子を見ていたところ、4月以降、症状が悪化。受診した結果、低音が聞き取りづらい「右低音障害型難聴」と「両側耳鳴り」との診断。

主な原因はストレスで、再発を繰り返すと悪化する恐れがあることから、医師から一定期間休養を勧められ、休養の判断に至ったとのことです。

関ジャニ∞は、7月に、日産スタジアムとヤンマースタジアム長居で「18祭」と題した野外スタジアムライブの開催を予定しており、休養は同公演に万全の状態で臨むための決断だといいます。

大倉さんは、関ジャニ∞のメンバーとして、また、なにわ男子関西ジャニーズJr.のプロデューサーとしても精力的に活動していました。

事務所は「これまでの大倉であれば、『治療を受けながら仕事を継続したい』と意思表示するような場面ではありましたが、今回に関しては、そのステージに万全の状態で臨むために決断いたしました。大倉自身、皆さまと楽しい時間を過ごすため、前向きに判断した結果となりますので、しばらくの間、関ジャニ∞は4人で活動いたしますが、どうか温かく見守っていただけますと幸いに存じます」とコメントしています。

大倉さんはファンに向けて、メッセージを発表しています。

応援してくださってる皆様へ

この度、 少しばかり休ませて頂くことになりました。