石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉
拡大する(全1枚)

岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。
(参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。)


image from 建設グラフのウェブサイト

北海道胆振東部地震など災害が絶えない今日の日本であるが、かつて北海道の石狩川では氾濫が多発していた。この氾濫から守るために活躍した人物に岡崎文吉がいる。

 石狩川は、石狩岳を水源として北海道中西部を流れ日本海へと注いでおり、流域面積は14,330平方km、利根川に次いで全国第2位の河川である。北海道開拓の歴史の中において度重なる洪水を繰り返しながらも、水運を利用した輸送の道として役割を担った。また、鮭漁などといった北海道ならではの歴史文化が刻み込まれていることから北海道遺産にも選定されている。しかし、ひとたび大雨が降れば、石狩川の姿は様変わりし、人々の生活を襲った。

 1869年当時、明治政府による北海道への移民政策が始まり、石狩平野は最大の入植地となった。蛇行する石狩川は頻繁に洪水を起こす原野であった。さらに1898年においては史上最悪の洪水が発生した。そんな中、北海道治水調査会が発足され、その中心として活躍したのが岡崎文吉である。岡崎は降雨量や河川水位等の調査を綿密に行い改修計画を練り上げた。また、独自の解析手法により、氾濫量の時間変化を算定した。このときの解析結果を得て建設された堤防などの構造物は現在も使われている。

 岡崎が手がけた石狩川最初の治水構造物となる単床ブロック護岸や生振捷水路は、土木学会認定の選奨土木遺産として残されている。かつて泥炭の原野であった石狩平野は数多くの豪雨を切り抜け、現在日本有数の穀倉地帯としてわが国を支えている。岡崎の尽力により石狩川・石狩平野の未来は開かれた。
 自然災害が多発する今、過去の技術者から何を学びどのように活かしていくのか、災害に向き合うための真価が問われているのかもしれない

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク