ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」
(参照:三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設)


image from 株式会社ウェルシィのウェブサイト

株式会社ウェルシィ三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社は、ウェルシィを存続会社として吸収合併すると発表した。2社とも株式会社三菱ケミカルホールディングスの子会社で、新会社の社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」となる。

現在、ウェルシィは地下水膜ろ過飲料化システムや工業用水飲料化システムを手がけ、災害時の給水ライフラインが確保できるサービスを公共施設や病院、商業施設、工場などに提供している。三菱ケミカルアクア・ソリューションズのほうは、イオン交換樹脂やイオン交換膜を利用した純水製造装置など、排水をキレイな水にリサイクルする技術の提供を得意としている。この2社が合併し、事業を統合させることで、上水から排水までの水の流れをワンストップで事業として提案することが可能になる。

三菱ケミカルホールディングスは2019年2月の決算説明会で、売上収益は約1700億円の増収だったことを発表している。同社は、2019年1月、研究開発戦略や知的財産活動が高く評価され、世界のビジネスをリードする100の企業・機関を選ぶという「Derwent Top100 グローバル・イノベーター2018‐19」にも初選出されている。2019年以降も、成長事業のさらなる成長や拡大の動きが見られそうだ。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2019年3月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。