東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表
(参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成)


image from 東芝インフラシステムズ株式会社のウェブサイト

2019年4月15日、東芝インフラシステムズ株式会社は、同社を代表とする企業グループが岩手県北上市における工業用水道の浄水場建設事業を受注したことを発表した。これは、岩手県企業局が実施する「第一北上中部工業用水道浄水場建設事業」によるもので、新浄水場の設計と建設が予定されている。設計・建設は第1期から3期までに分かれており、東芝インフラシステムズが設計の全3期分と、建設の第1期分を受注したことが分かった。

岩手県の北上工業団地では、工場の新設や規模の拡大に伴う企業の誘致などで、工業用水の需要増加が見込まれており、その対策の1つとして新たな浄水場を建設することとなった。工期や敷地面積などに制約があり、その制約の下で浄水場の設計と建設が出来るという点で東芝インフラシステムズを含む企業グループへの発注が決まったとされている。今後は、東芝インフラシステムズの独自の上下水道監視制御システムである「TOSWACSTM-V」を用いて、工業用水道施設の維持管理を進めていく予定だ。

事業規模は約82億6000万円。事業期間は2019年3月から22年3月までの見通し。同社を含む企業グループは、設計に株式会社日水コン、土木工事に三井住友建設株式会社などで構成されている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2019年6月6日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。