メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される
(参照:大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始)


image from メタウォーターのウェブサイト

メタウォーター株式会社は、同社と町田市、日本下水道事業団で作る共同研究体が提案した、「単槽型硝化脱窒プロセスのICT・AI制御による高度処理技術実証事業」が国土交通省の平成31年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)実施事業に採択されたことを発表した。

現在日本の下水処理施設は深刻な老朽化が問題視される一方、既存の施設の高度処理化には莫大な費用が必要とされる。今回の提案は、既存設備を活用しながら高度処理並みの水質を確保するとともに、これまでの高度処理法よりも槽内流入下水の滞留時間を短くすることで、処理能力の向上を図るというもの。ICTとAI制御を活用することで、効率的な処理と使用エネルギーの最小化を実現する。

この事業ではメタウォーターが設計、建設、運転総括を担い、町田市が実証フィールドの提供や運転管理などの調整、日本下水道事業団が実証施設の設計施工監理やデータ解析・評価などを行う。事業による効果は、建設費の抑制や省エネの実現、維持管理者の作業負担の軽減などが期待される。下水道は今後さらなる人口減少により流入下水量が減少し、処理施設同士の統廃合がされる可能性がある。将来を見越した下水道事業の持続性の確保が求められている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

世界の水事情の記事をもっと見る 2019年6月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュース

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。