ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入
(参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


image from ヤマハ発動機のHP

2019年6月19日、ヤマハ発動機株式会社はセネガルが新興国向けの小型浄水装置「ヤマハクリーンウォーターシステム」を本格導入したと発表。今回の案件では全10基を設置。1案件における複数基の設置は今回が初となる。ヤマハクリーンウォーターシステムは、水や砂など自然界の水浄化機能を応用して水をろ過する仕組みを採用。大規模な電力設備が不要、メンテナンスも専門の技術者でなくてもできるなどメリットが大きい。河川や湖沼の表流水を活用し、1日に約8000リットルの浄水を作ることができる。

今回のセネガルでの導入は、第5回アフリカ開発会議において、日本政府が掲げた「1,000万人に対する安全な水へのアクセス及び衛生改善」の一環として行われているもの。2015年に、国連「持続可能な開発サミット」で採択された「すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」という目標の実現にも関わる取り組みだと言える。

2019年5月末時点で、セネガルをはじめコンゴ共和国やコートジボアールなどアフリカやアジアの新興国を中心に、合計36基を設置している。世界規模でみると、生活で浄水を安定して確保できる環境にある人はほんの一握りでしかなく、すべての人々に水と整った衛生環境を与えるために大きな役割を果たしそうだ。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2019年8月6日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら