熊本地震で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ 活用方法を模索

記事まとめ

  • 2016年に起きた熊本地震のため寄付された飲料水が、活用されないまま残っている。
  • 2019年7月末現在で、約130トンが活用されずに集積されたままだという。
  • 熊本市の危機管理防災総室は、善意を無駄にしたくないと活用方法を模索中。

熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索

熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索

熊本市 地震支援物資の水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索中
(参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ)


image from Pixabay

熊本市危機管理防災総室が明らかにした情報によると、2016年4月に起こった熊本地震の際に、救援物資として全国の自治体や民間団体から寄せられた飲料水が、2019年7月末現在で、約130トンが活用されずに集積されたままとなっているという。130トンのうち120トンはすでに賞味期限が切れた状態で、本来の飲料水としての活用はできないとのこと。

熊本地震発生後、2016年4月末には市内水道は全面復旧できたが、救援物資としての水は6月ごろまで全国から届き、市には680トン以上の水が集まった。現在のこの飲料水は一時保管として、熊本競輪場の敷地内に山積みにされているが、競輪場が2020年1月から改修工事にあたるため、次の保管場所の確保にも難航している。災害物資の水は熊本市東区のはえがお健康スタジアムで保管されていたが、スタジアムの使用再開に伴い、競輪場に移されてきた過去がある。

熊本市の危機管理防災総室は、善意で贈られた水を無駄にはしたくないと活用方法を模索している。現在はまだ有効な解決策が見当たらず、現在は市内小中学校の花壇の水やりや土木関係職員の手洗いや足元の洗浄用として使用してもらえるように呼び掛けている程度。熊本市では、有効な災害備蓄水の活用方法を広く募集している。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ペットボトルの水は賞味期限が切れても飲めます。蒸発して内容量が変わるため賞味期限をつけているだけです。もう少し調べて記事を書きなさい。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。