首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献
(参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討)


image from 江戸川河川事務所公式HP

2019年10月12日、伊豆半島に超大型台風19号が上陸。関東~東日本を中心に各地に大きな被害をもたらした。関東各地では中小河川だけでなく、多摩川や千曲川のような大型河川まで氾濫した地域も多かった。しかし、今回の災害では、首都圏外郭放水路が氾濫対策に大きく貢献したことが分かっている。

首都圏外郭放水路、通称「地下神殿」と言われる水路は、大落古利根川や倉松川、幸松川など周辺の5つの河川の一部を水路に貯め、江戸川に流して小さな河川周辺での洪水を起こりにくくするというもの。公開されている情報によると首都圏外郭放水路全体で、約67万㎥(東京ドームの約半分)の水を貯めることができるという。

今回の台風19号による大雨の際には、10月12日の19時頃から江戸川への排水を開始し、12日の21時過ぎにはポンプ排水の最大量に近い150㎥/秒という、多大な排水を行なった。14日14時までに首都圏外郭放水路が排水した水の量は、東京ドーム約14個分(約1,700万㎥)にも及ぶとされている。

首都圏外郭放水路は、総工費2300億円をかけて建設され、事前に申し込みを済ませることで施設見学が可能だ。調圧水槽や立坑の内部の見学や、一部歩行が許されている箇所もある。今回の河川の氾濫対策に貢献したことにより、よりますます注目を集めている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。