名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発
(参照:神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ


image from Pixabay

名古屋大学(大野雄高教授ら)と九州大学(吾郷浩樹教授ら)の両グループは、1滴の水滴から5ボルトを超える発電が可能な素子を開発したことを発表した。両研究グループは、半導体の材料である「二硫化モリブデン」をサファイアの基板上に1層のシートとして広げ、プラスチックフィルムに転写、おおよそ3~4cmサイズの素子を傾けて水滴を垂らすと、断続的に発電できたという。実験では電圧は5~8ボルトを計測、これまでできなかった電子機器を動かせる程度の発電が成功した。

二硫化モリブデンは層状物質であり、大面積の基板に薄く均一に成長させるのは難しいとされてきた。大面積でフィルムに転写するのも困難を極めるのだが、両グループは二硫化モリブデンの成膜技術を高め、ポリスチレンフィルムを用いた表面エネルギーの違いによってフィルムへの転写を成功させるなど、さまざまな技術を向上させたことに大きな意味がある。

これまでは、炭素原子のシート状物質であるグラフェンの表面に水を垂らすと発電することが分かっていたが、電子機器を動かすほどの電圧は得られなかった。今回の実験の成功により、研究がこのまますすめば、多量の水流を使用しなくても、工場の配管や上下水道など、ほんのわずかな水流でも発電が可能になることが予想され、水力を利用した発電がまた一歩新しいステージへすすみそうだ。両研究グループは今回の発電の成功を受け、数年後を目処に実用化したいとしている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。