三菱レイヨン 中国水ビジネス市場、下排水処理分野進出に向け、同国大手企業と合弁会社設立の覚書締結

三菱レイヨン 中国水ビジネス市場、下排水処理分野進出に向け、同国大手企業と合弁会社設立の覚書締結

2010年12月21日、三菱レイヨン株式会社は、中国の北京碧水源科技股■(人偏に「分」)有限公司(オリジン社)との間で下排水処理膜製造・販売の合弁会社設立で覚書締結を締結したことを同社サイトにて発表した。この合弁会社設立により、急成長を続ける中国水ビジネス市場における下排水処理市場の分野で大きく展開することとなる。

オリジン社は、中国北京に本社を持つ環境エンジニアリング、水処理膜製造・販売事業などの水ビジネスを行っている企業であり、2009年の売上高が39億500万円。資本金2520億円となっている。また、同社は中国の下排水処理市場における膜分離活性汚泥法という処理法の案件受注力において圧倒的な地位を占めている。三菱レイヨンは、、膜分離活性汚泥法について、国内有数の特許力を持つ企業である。(参考:パテント・リザルト 膜分離活性汚泥法、特許総合力のランキングの企業調査結果を発表 トップはクボタ、続いて三菱レイヨン、東レ

今回の合弁会社設立に関しては、以前よりオリジン社に同社の膜分離活性汚泥法に使用する中空糸膜を供給しているという関係であったことも要因の一つとなっている。尚、同社が開発、販売している中空糸膜は「ステラポアーSADF(TM)」という製品であり、従来の同社製品に比較し約3倍の透水性を持ち、耐薬品性、強度、信頼性に優れているとされる。

この合弁会社設立により、三菱レイヨンは、中空糸膜を使用した膜分離活性汚泥法システムを中心にして、下排水処理事業を展開。中国水ビジネス市場における同分野のトップシュアを狙う。また、オリジン社は、膜の安定生産・供給能力の拡充を行えることとなり、中国水ビジネス市場における地位を更に確固たるものとする。尚、今回の合弁会社設立における出資比率は、三菱レイヨン51%、オリジン社49%となる予定。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2010年12月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら