西松建設(株) トンネル工事の水中ポンプの無人監視システムを開発

西松建設(株) トンネル工事の水中ポンプの無人監視システムを開発
       

西松建設(株) 水中ポンプ無人監視システム「Newt」開発 トンネル工事の湧水対策で
(参照:クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検をAIで検知するツールを開発)


image from 西松建設HPより

西松建設株式会社は、山岳トンネルの掘削工事の際にトンネル坑内で発生する湧水を無人で監視するシステム「Newt」を開発したことを発表した。開発は、東京工業高等専門学校(水戸研究室)と泰興物産の協力による。

「Newt」は、東京工業高等専門学校(水戸研究室)と泰興物産株式会社が開発した無給電・無線電力センサー「C3-lessセンサー」を活用し、水中ポンプの電流値を測定。データはゲートウェイを介して、5秒ごとに専用のクラウドサーバーにアップロードされる。しきい値を上回る数値が検出された場合や、データが指定時間に送信されない場合(水中ポンプの異常が疑われる)は、現場のパトライトが点灯するとともに、管理者へ警報メールが送信されるというもの。

トンネル工事では、湧水が発生すると、水中ポンプと排水管を用いて坑外に排水、濁水処理設備を介したあとに放水しているが、水中ポンプに異常が起こると、トンネル坑内の重機や設備が水没、坑内路盤を傷める被害などが発生する。掘削現場では、長期間休工や休日でも水中ポンプの状況を確認する人員が必要とされていた。「Newt」開発により、人員の配置やコストの削減が見込まれるようになるという。西松建設によると、今後は継続的な実証実験で効果の検証を行い、システムの精度を高めていくとのこと。

元の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。