香港のスタートアップ企業 水に溶けるビニール袋を開発

香港のスタートアップ企業 水に溶けるビニール袋を開発
拡大する(全1枚)

スタートアップ企業Distinctive Action 水に溶けるビニール袋#INVISIBLEBAGを開発
(参照:三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解)


image from Distinctive Actionのウェブサイト

香港のスタートアップ企業であるDistinctive Actionが、世界から注目を集めている。Distinctive Actionは、医療業界でも使用されているポリビニルアルコール(PVA)を主原料に、植物由来のデンプンやグリセリン、水などを使ったビニール袋「#INVISIBLEBAG」を開発した。

#INVISIBLEBAGは70~85度の水に浸けると溶ける性質があるほか、生分解性・堆肥化性を有し、土の中に数か月放置するとバクテリアやバイオマス、微生物と反応し、分解されて二酸化炭素と水になるという。堆肥化は埋め立て地のような専用の土地だけでなく、一般家庭の庭先でも可能とのこと。

#INVISIBLEBAGは、日本バイオプラスチック協会が認証しているグリーンプラを含む4つの認証を取得。Distinctive Actionによると、見た目や薄さ、触った感覚、機能面でもこれまでのビニール袋と遜色なく使えるとのこと。

開発にあたり、若者に受け入れられるようなデザインにこだわり、表面にはブランド名や同社のメッセージがプリントされている。海洋プラスチック問題も関係するため、従来のビニール袋の使用については、便利さと環境への負荷のバランスについて、世界中で議論されているが、#INVISIBLEBAGはその両面を解決できると期待される。同社は今後も、環境への負荷が軽く、なおかつ廃棄物管理が容易な製品を開発していくとのこと。

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク