東京都-葛飾区の金町浄水場から放射性物質検出-乳幼児に対する水道水の飲用を控えるように発表

東京都-葛飾区の金町浄水場から放射性物質検出-乳幼児に対する水道水の飲用を控えるように発表
拡大する(全1枚)
東京都水道局

2011年3月23日、東京都は東京都の葛飾区の金町浄水場から厚生労働省の暫定基準値の乳幼児に対する基準値100ベクレルを超える放射性物質を検出したと発表した。このため、東京23区、武蔵市、町田市、多磨市、稲城市、三鷹市に対し、1歳未満の乳幼児に対する水道水の飲用を控えるように発表した。尚、都では長期間の飲料ではない限り、健康への被害はほとんど考えられないものであるとしている。

(参考:厚生労働省 放射性物質基準値を超えた場合「代わりがない場合は飲んでも健康には差し支えない」と各都道府県に通達

image from 東京都水道局

3月22日午前9時に採取した葛飾区の金町浄水場にて、210ベクレル/リットルの放射性ヨウ素131が検出された。この値は厚生労働省が定める乳幼児への飲料水の暫定基準値を超えるものである。このため、東京都では、1歳未満の乳幼児への飲料水や粉ミルクとして水道水の使用を控えるようにと発表を行った。また、当地域内で水道水を使用して飲料水を使用しているメーカーに対しても、水道水の使用を自粛するようにとの通達を出している。

この値は、大人の飲料基準である300ベクレルを下回るものであり、長期的な飲料をしないかぎり、健康への影響を与えるものではないとしている。東京都としては、今後も水道水の検査を続けるとともに、都民に対し冷静な対処を求めている。尚、この放射性物質の増加は、福島第一原発事故の影響とみられる。

 

 

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「厚生労働省」に関する記事

「厚生労働省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「厚生労働省」の記事

次に読みたい「厚生労働省」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク