北海道ニセコ町 地下水保全条例を施行-水源地、水資源を外国資本の買収から防衛

北海道ニセコ町 地下水保全条例を施行-水源地、水資源を外国資本の買収から防衛
ニセコ町

2011年5月1日、北海道ニセコ町地下水保全条例を施行する。同条例は、地下水や水源に係る水環境の保全に関する事項を定めたものである。水源地の乱開発防止、水源地、水資源を外国資本の買収から防衛が目的とみられる。
(参考:長野県佐久市 外国資本による水源地域買収に対する研究機関、「市地下水等水資源保全研究検討委員会」設置へ

image from ニセコ町

今回、新たに制定された地下水保全条例では、地下水を採取する井戸の掘削には、揚水機吐出口の断面積が8平方センチを超える場合は許可制、8平方センチ以下の場合は届出が必要となる。また、許可が必要な井戸の場合は、水量測定器の設置、採水量の報告が義務付けられる。さらに、必要があると認められた場合は、申請前に地域住民への説明会が必要となる。罰則の適用は、周知期間を考え9月1日より開始。違反者には1年以下の懲役、50万円以下の罰金が科せられる。

北海道長野県山形県など多くの水源を抱える自治体では、外国資本による水源地買収への対策が進められている。昨年末の林野庁の発表では水源地の外国資本とみられる買収は25件となっており、国、自治体で連携しその対策が求められている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2011年5月2日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら