福島第一原発事故-3号機滞留の放射線汚染水移送を中断、当面再開しないことを発表

福島第一原発事故-3号機滞留の放射線汚染水移送を中断、当面再開しないことを発表
工程表
       

2011年5月26日、福島第一原発の放射線汚染水移送につき、東京電力は、3号機に滞留している放射線汚染水の移送を中断し、当面再開しないことを発表した。
(参考:福島第一原発事故-菅首相が工程表の日程には変更がないと明言。高濃度放射線汚染水除去作業を開始

Image from 東京電力

福島第一原発では、1号機、2号機ともメルトダウンによって格納容器に7cmから10cmの穴が開いていたことが25日に判明。そこから大量の放射線汚染水が漏れていたことになる。

昨日まで、2号機、3号機からの高濃度放射線汚染水の移送が実施されていた。しかし、集中廃棄物処理施設が26日には満水となってしまうことが計算により明らかとなったため、25日9時過ぎに高濃度汚染水の移送作業を中止した。

今後、東京電力は集中廃棄物処理施設の水位の再確認し、タービン建屋、トレンチの水位変化を見極めながら、今後の移送計画を検討するとしている。

2号機のプロセス主建屋へ移送された高濃度放射線汚染水は9,276トン。3号機の移送量は3,660トンとなり、既に4000トンの移送先の容積に対し満水寸前までいっている。

状況の変化を見ながらの綱渡り状態が続いており、予断の許せる状況はなさそうである。工程表では4月17日を起点に3か月程度で「滞留水の保管場所の確保」となっている。このステップが完了しない限り、汚染水全体の放射線量の低減の工程に入れない。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月25日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。