福島第一原発事故-9月下旬には高濃度放射性汚染水の流出を回避、今後のシステム稼働率90%が条件

福島第一原発事故-9月下旬には高濃度放射性汚染水の流出を回避、今後のシステム稼働率90%が条件
東京電力

2011年6月29日、東京電力は福島第一原発の高濃度放射性汚染水に関し、9月下旬には、高濃度放射性汚染水の流出を回避できるとの見解を発表した。2号機、3号機のタービン建屋に溜まった高濃度放射性汚染水は、現在より1メートル水位を下げる見通しだ。ただし、今後のシステム稼働率90%が条件となる。
(参考:福島第一原発事故-循環注水冷却に向け不安定な稼働状況、今回は配管の微細な穴から漏水

Image from 東京電力

東京電力の発表によると、現在滞留している放射性汚染水は12万2100トンとなり、5月末時点から比べると1万6千トンの増加となった。6月中旬の時点で推定されていた11万トンより1万トン多い。今後は7月5日まで80%の稼働率で浄化処理を行い、7月5日以降は90%の稼働率達成を目標としている。

この稼働率90%を前提として、9月下旬には3万4000トンの高濃度放射性汚染水が処理可能となる。これにより、タービン建屋の水位を1メートル下げるという見通しが達成されることになる。このためには、トラブルが相次いでいる「循環注水冷却」、「汚染水処理システム」の順調な稼働が大前提となる。

現在までにいくつものトラブルが発生し、稼働停止が相次いでいた中、もうトラブルは出尽くしたと判断したのであろうか。これだけ大規模なシステムで多くのトラブルで稼働中断が続く中、今後の稼働率90%はかなりハードルが高いと思える。7月5日から9月下旬までを80日とすると、メンテナンスを含め延べ8日間の停止しか許されないことになる。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2011年6月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら