福島第一原発事故―放射性汚染水の海洋流出を防止するための遮水壁設置工事を開始

福島第一原発事故―放射性汚染水の海洋流出を防止するための遮水壁設置工事を開始

2011年10月28日から東京電力では、福島第一原発事故で発生した放射性汚染水の海洋流出を防止するための遮水壁設置工事を開始した。8月に発表されていた計画では陸側にも遮水壁を設置する計画であったが、効果がないとして設置は海側のみとなった。(参考:福島第一原発事故による放射性セシウムの濃度、事故前の58倍に

image from 東京電力

当初の計画では福島第一原発1号機から4号機までの周囲を囲む形で遮水壁を設置する計画であったが、地下水の流れる方向や水位の変化などを分析した結果、逆に放射性汚染水が建屋内から流出する可能性を高めるとして、陸側の青い部分は設置しないこととなった。

28日から設置工事が開始される遮水壁は、1号機から4号機と岸壁を遮断する形で設置する長さは800メートル。20メートル以上の鋼鉄製の矢板700本を打ち込んでいく計画となっている。工期は2年を予定している。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2011年10月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。