地球は2025年に深刻な水危機到来か 人口の半分が水を確保できない!?

地球は2025年に深刻な水危機到来か 人口の半分が水を確保できない!?
講談社

2011年11月22日、講談社+α新書より柴田明夫氏の「日本は世界一の「水資源・水技術」大国」が発売される。
(参考:世界水会議で発表、地球の淡水資源は2倍の食糧増産が可能な量がある-問題は効率的な淡水資源の利用法

image from 講談社

地球は2025年には深刻な水危機を迎えるという予測が存在する。実際に2011年現在でも充分な飲料水を確保できない人口は世界で10億人に達している状況だ。2025年の時点では地球上の人口の半分が十分な水を確保できないとする見方もある。同書は、このような2025年に迎えると言われる深刻な水危機の問題に対し、有効に活用されていない水資源と日本の技術が水危機を救うと主張しているものである。

著者の柴田明夫氏は丸紅経済研究所代表を務め、2011年10月より株式会社資源・食糧問題研究所代表となっている。食料資源問題、水資源問題などの多くの著書を出しており、代表的な著書としては「食糧争奪」日本経済新聞出版社刊、「水戦争」角川SSC新書刊などがある。

元の記事を読む

あわせて読みたい

世界の水事情の記事をもっと見る 2011年11月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。