ハセッパー技研 カンファ水(スイ)を活用した事業パートナーの募集を開始
拡大する(全1枚)
ハセッパー技研

2011年11月8日、株式会社ハセッパー技研は、同社が開発販売している「カンファ水(スイ)」を活用した事業パートナ募集開始することを発表した。「カンファ水」とは、従来の殺菌消臭剤「次亜塩素酸ナトリウム」よりも強力な殺菌力を持ち、人体・環境に影響の全くない除菌消臭水であるとしている。
(参考:JR東日本 東京都からの要望で帰宅困難者対策として主要な30のターミナル駅に500ml飲料水の備蓄を確保

image from ハセッパー技研

同社は、「カンファ水」を一般消費者向け商品として普及させることを目的としカンファ水を活用した商品・サービスの共同開発を行えるパートナの募集を開始した。主な対象は、被災地復興担当者、家電メーカー、ペット用品メーカー、家庭用衛生用品開発メーカー、スポーツ用品メーカーなどとなっている。

カンファ水は、細菌やウイルス、有機物に接触すると殺菌反応を起こす。その後即消失し、その後の人体、動物、環境に影響を与えない。これまで病院内の殺菌用として、病室、ロビーなどで噴霧したり、生鮮食品加工業における殺菌消毒に使用されてきた実績がある。同社によると2011年9月時点で病院、大手食品加工業会社などで500の採用事例があるという。

また、カンファ水の殺菌能力と安全性については、東京農工大学、北里大学などによって検査を行い証明されているとしているとしている。同社は2004年にカンファ水生成技術により東京都ベンチャー技術大賞奨励賞を受賞している。

元の記事を読む